田舎暮らし

スタートラインに立たないという後悔はしない

スポンサーリンク

先日、フルマラソンを走ってきました。

実は風邪を引いていたり、
充分な練習が出来ていないため
最近走っているときに
実は膝が痛くて不安だったのです。

周りからは出るのをやめた方がいいよ
と言われたし、
実際自分も自信が無かったので、
その言葉に甘えそうになりましたが

スタートラインに立たないほうが後悔する

っと、思ったし、自分を信じて出てきました。
途中で倒れたりしたら主催者に迷惑を掛けるので
絶対に無理なときは出ませんよ。
今回は完走することで自分に喝を入れたかったのです。

結果…自分では信じがたいペースで走れました♪
完走できるかできないか、と思っていましたが
心のどこかで、自己ベストのタイムを出す!

と決意して、どうせ痛くなるんだし、
今のうちにスピード出しておこうと頑張ったら
最後失速してしまいましたが結果的には
去年より30分以上速く走れました。

走りながら考えていたのですが

新しいことを始めるときに、不安があったら
始めないで済む理由を探したりしませんか?

誰かに止めておいたほうがいいよ、
と言われたりすると安心したり
忙しいからとか、わからないからとか、
色んな理由を探し自分で納得させて
何も始めることが出来ない。

楽ですよね。しかも、
周りがやめたほうがいいといってるという
もっともらしい理由がある。

でも、心のどこかで動き出せない
自分に後ろめたさを感じたりしているはずです。

私はまず、人の意見は聞き入れますが、
最後には後悔しない方向で
自分で判断します。

動けないのは、誰のせいでもない、
動かない理由(言い訳)を自分で探しているからなのですよ。

なので今回マラソンは、
引き止めてくれたやさしさは受け止めましたが
後悔したくないのででました。

なのでとっても気持ちがいい夜です。
これで、出ていなかったらきっと、
まただらけていたでしょう。

読んでくださっている方に伝えたいことは
現状を変えたいのであれば、必ず行動すること。
行動しないと何にもかわらないし、
自己嫌悪感が増すだけです

スポンサーリンク

同じ24時間365日、後悔なく刻んでいく。
読書やネットサーフィンしているだけで
知識を得たと思う現象が起きますが
残念ながら、それを行動にうつさないと
何も進んでいないのです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ