田舎暮らし

都会の仕事に疲れ田舎暮らしをしたい病に

スポンサーリンク

私が田舎暮らしをしたいと初めて思ったのは21歳
のときと記載しましたが
走り書きになってしまいましたので
改めて書きます。

その時は、ストレートに言うと、
逃げたかった のです。
仕事仕事の毎日が、
充実しているように見せかけてましたが

本当は
空虚の時間を作ってしまうと
自分が立ち上がれなくなる

と思ったからです。

今考えると危険な思考ですね。

会社人間の父は、
会社のため会社のためと身を粉にして
精神を蝕んでまで働いてる姿を
私は知っているはずなのに
無意識に同じことをしている恐怖。

ただ、そんな恐怖から逃げたかったから
田舎暮らしをしたいと行動したのではないかと
今なら素直に思います。

私があるスキルは宅地建物取引主任者の資格のみ。

再就職してもまた不動産の仕事。
それって場所が変わっても
本質的に変われない気がする。

だって私は自分が納得いかない物件も
いいところを探し出して
お客様には喜んでいただきながら
販売をしていく営業だけやっていても
私には何も残らない。  

そういう疑問を抱いていたわけですから。

まず、自分が何をしたいか具体的に考えてみよう…
っと冷静になったきっかけが
福岡にいった事件です(笑)

その後、イタリアに留学したいと考えて
イタリア語を勉強してみたり
(今でもそのときの本を捨てれずに持ってます 笑)

とにかく自分が今の現状から
抜け出したかったのですが
何のスキルもないことに気がつくのです。

イタリアにいくっていうのも
インテリアデザインの勉強をしたいという
的があったのですが、私はどこか、
逃げ出す理由付けをしていたように思います。

ところで皆さんは、田舎暮らしをなぜしたいのでしょうか?

都会のコンクリートジャングルの冷たさに疲れたから?

自然に囲まれ子育てをしたいから? 農業をしたいから?

もう頑張って働いたし、余生はゆっくり過ごしたいから?

スキーやスノボ、サーフィン、ダイビングなど、を満喫したいから?

病気があり、その治療も含めて環境の良いところに住みたいから?

どこか闘争モードの街でアクセクするのがいやだから?

きらびやかな街に虚飾が見え隠れする違和感?

働けど働けど、自分の自由が手に入れることの出来ない社会?

田舎で工房やお店を持ちたい?

私は…全部あてはまります!

ストレスが溜まるといっては
仕事の後に飲みに行き、
休日はどこにでかけても人ごみに疲れ、
癒しに出かけようにもそこに行くまで遠い。
そして疲れが溜まったままの毎日。

若いときは元気なので体力的に疲れることはないのですが
歳を重ねていくうちに、
飲んでも翌日疲れるし 出かけても疲れますよね。

疲れる疲れる とこの記事を書いてたら気が滅入ってくるくらいです(笑)

しかし、だからといって
容易に動けるほど社会は甘くないですよね…

田舎に行って仕事はどうする。
田舎暮らしの住まいはどうする。
こどもの学校はどうする。

色々ありますよね。

なかなか動けない中、
私はポンっと飛び出せたので
ラッキーなんじゃないか、

スポンサーリンク

はじめは田舎暮らしなんて、馬鹿なことを!
っと反対していた知人に
その後羨ましいと言われましたが、

田舎暮らしには田舎暮らしなりの 色んな悩みや問題があるんですよね。

そこにぶつかったときに
都会へ帰ってしまう人がたくさんいます。
理想と違ったからでしょうか。
私もしばらくは理想と現実に悩みながらも
もう9年目に突入します。

都会には遊びに行く程度で充分です。
今はインフラもほどよく整備され、
離島を除いてはいこうと思えばいつでも都会に出れます。

私も当初は勢いでポンっときてしまったため、
何の計画も立てていませんでした。
色んな苦悩も述べていきたいので
参考になればよいなと思います。

WEB上では書きにくいことは
メルマガにて配信いたします

アンケートによりますと
田舎暮らしでの一番の不安が収入源と仕事。

そんなアナタのお悩みの力に
なることが出来ればと思います
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ