田舎暮らし

田舎暮らしでカフェをしている人のお話

スポンサーリンク

こんにちは 今日は田舎暮らしを始めて、
カフェをオープンした読者さんのお話です

スローライフがしたくて、
都会で飲食店を経営されていた方が
田舎に移住して、
カフェをオープンした時のお話です。

まず、建物を建てるときに、
地元の業者さんを全く使わずに、
ご自身の知人に依頼をして
建てたそうなのですが

それが気に食わないというか、
どこのもんが来たんだっ

という感じで、
オープンしてから1-2年程は、
地元の人はあまりそのカフェに
こなかったそうです。

しかも、、、くるお客様といえば、
お菓子を持ち寄り、
テーブルに広げ、井戸端会議をする
ご近所のオバサマたち。

休憩所じゃないですから!

と強く言うと、
お菓子を広げけた話はせずに、

あそこの喫茶店はコーヒーを頼んでるのに、

長くいたら追い出すのよ!

っと、改ざんされた噂が回ったり  (-_-;)

こういうこと、
田舎暮らし経験者ならわかりますよね。

で、2年ほど経過すると
あそこのお店はまだ潰れずにやってるな。
と、ひょこっと地元の業者さんなどが
営業に来たそうです。

例えばおしぼりとか、食材とか、
もろもろ 飲食店に関するいろんな営業が。

そこのお店は自分流を貫いています。

田舎によそ者がくるとなると警戒し、
馴染むのに時間がかかります。

こういう特性を知らないと、
噂で精神的に潰されることもあるのですね。

初めから、きちんと、挨拶をして、
馴染んでいることが必要ですが
実は、派閥など知らずに
初めに特定の方と親しくすると
またいろんな人間関係が生まれることにも…

権力者に従っていたら
優遇されることなどもあるでしょう。
でもね、それをしてしまうと、面倒です(^^;

私はハッキリ言って 
派閥とか権力とか嫌いです。

いや、これはね、愚痴ではなくて…
きっとウンウンとうなづいて
いらっしゃる方も多いのではないかと思います。

ご近所づきあいは大切ですし、
いろんな助けが必要です。

しかし、自分らしく、
理想のスタイルでカフェなどを開業するために
田舎暮らしするわけですから

ご自身のスタイルを貫きながら
うまく調和をとってください(^^)

噂に振り回されたりせず、
集客も自分の力で口コミを起こす力をつけましょう♪

今はインターネットを利用して
いろんな営業・集客ができますから
どんどん活用されることをおすすめします。

スポンサーリンク

ちいさな枠にとらわれず、夢をあきらめずっ☆
集客などでお悩みでしたらご相談くださいね♪

ちなみに私はカフェでパソコンしながら、
まったりするのが好きです
長いなと思えばおかわりします。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ