田舎暮らし

田舎の図書館,田舎の本屋さん

スポンサーリンク

こんにちは。
私は時折、町の図書館を利用します。

人口が少ないため、
都会に比べて利用者が少ないからか?
本が少ないです。新刊も少ないですね。

それなのに本屋がないというこの町は、
(駅前に小さな本屋があるようです)
インターネットに頼るしかないのです。

でも、ちょっとパラッとめくって
中を確認したいときもありますよね…

それが出来ないため、
レビューなどを参考にするのですが
やはり、物足りないときもあります。

とっても便利な世の中で、
送料無料で雑誌などもネットで買えるから
とてもありがたいです。

で、図書館の話に戻りますが、
いついっても利用者がいない、
もしくは1-2名。

確かにこれだと新刊を置く率も下がりますよね…

こういうとき、町立図書館じゃなくて、
県立図書館から取り寄せてもらうことも可能です。
インターネットで県立図書館の本を検索して、
番号などを伝えて、取り寄せてもらい、
届いたら電話を頂き取りに行っています。

すぐに調べたいことなどは
なかなかスムーズにはいきませんが
待てるゆとりがあれば、
田舎でも読書を楽しむことが出来ます。

当初は、買いたい本も読みたい本も
手に入れることが出来なくて
不便な思いをしましたが(ネットは除く)、

そのときに思ったのがネットが普及していない頃は、
田舎の人は色んな本を読む機会が
少なかったんだろうなって。
だから情報はテレビか、噂でしかないのかなと。

そういう環境で育ってきた方と、
考え方が違うというのは
やっぱり理解できるなと、思うのです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの先頭へ