田舎暮らし

田舎暮らし海辺版として車の塩害事情

スポンサーリンク

住む場所が海の近くですと
車のメンテナンスも大変です。
私はここに住む前に、
市内の海の前に住んでいましたが

潮風がまともに当たる賃貸アパートでした。
とある日、信号待ちしていて、
スタートするときに

私の車が、走り屋さん?
みたいな音がなるんで
車屋さんに持っていったら、
マフラーが破れていました…

潮のさびで、
車の下はさびさびだったようです。
私はそんなこと想定していなかったので、
車の下はぜんぜん点検してませんでした。

その話をすると、市内で使っていた、
公共のバスを海辺に持ってきたら
すぐにさびてだめになる部分が多いと言ってました。

なので…私は次に車を買うときには、
部品が海外からお取り寄せという
高級外車は絶対に選定しないですね(笑)
実用性重視です。

もちろん、キャンプ道具と
サーフボードが載るようなものが希望です。
あと、雪が降る地域なので、四駆は必須です。

移住してきた当初、
二駆の軽ワゴンに乗っていた私は
ここの冬を舐めてる といわれ、
意味がわからなかったのですが
初めての冬、意味がわかりました!

こちらの車好きの方は
二台持たれてる方もいらっしゃいます。
本命の二駆は春から秋、冬は四駆と分けています。

住んでいて思うのが、
雪道で事故をしているのは大体県外ナンバーの車ですね
大丈夫という過信は本当に危険です。

旅行などで雪の降りそうな地域に出かける際に、
チェーンが無いと、通してもらえない道もありますので
車のチェーンを積んでおくと便利ですよ。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの先頭へ