田舎暮らし

不動産屋に勤めて転職した頃の話と今の仕事

スポンサーリンク

またもや  ~の頃の話シリーズです(笑)
前回も書きましたが

私はセクハラ設計事務所や
怪しい不動産屋 周囲には詐欺と言われる敏腕コンサルタント
のもとで働き、ちょっと腐りかけた自分を修正するかのように

老舗の地域密着型の住宅販売業に転職をして
自分は不動産屋で独立するっと決め込んで
宅地建物取引主任者の資格を取りました

20歳くらいだったので、人生の大きな買い物をするのに
私を信頼してもらうために、身なり格好をきちんとして
そりゃもうスーツパシッと着て(笑)

聞かれたことは絶対答えたい!っと思い
住宅ローンのことや税金のこと必死で勉強しました

そこそこ販売実績がついていたのですが
やっぱり自分の売りたくない、おすすめしたくない物件を
売らなきゃいけない時もあり
いいところを見つけては営業トークで販売する日々

お客様が喜んでるんだからそれでいいんじゃない
っとよく言われましたが
自分の中では納得がいかず。
急性胃腸炎になったり夜眠れなくなったりして
仕事だからと言い聞かせていましたが

しかも営業トークなんて誰でもできる、
自分は独立するために一生懸命やってきたけど
本当にこの仕事がしたいのかって立ち止まってしまい
周囲に反対されるのを押し切ってやめて無収入の
家具職人の修行をしたわけです。

あの不動産屋の時に、自分が良くないと思うものを売るという
罪悪感が忘れられず、いま販売の仕事をしていても
その意思は受け継いでいます

なので私がすすめるものは自分が良いと思ったものだけです。
読者様の現状がそれぞれ違っていてメルマガでは
あなたにとって、時折、的はずれなものもあるかと思いますが
自分が良いと思ったものを紹介してます。

ネットビジネスを教えることは
怪しいというイメージがありますが
私はいろんな方面で大きな可能性のある
ビジネスだと思って真剣に教えています。
では今日も夢に向けて前進しましょう!

スポンサーリンク

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ