田舎暮らし

嵐の後の余韻が残る田舎の田んぼ風景

スポンサーリンク

台風の影響で大荒れに荒れた
うちの地域では稲刈り前の田んぼを
襲撃しました

もう少しだったのにな…
米が食べれないのではなく
稲刈りがしづらいんですよね

稲刈り機に土がかんで作業がしにくい、
壊れる可能性があるってことで
出来る限り稲刈り前には、
土が乾燥気味のほうがいいですよね

それは仕方ないことなので…

自然に任せるしかありませんが、
嵐の後の余韻で田舎の風景は
様変わりしちゃいました

こうやって自然と
うまく付き合っていく生活力が必要ですよね
生産者さんってほんとうに大変。

当たり前に御飯食べれる裏側には
いろんな苦労が詰まっている

おばあちゃんがご飯粒残したら、
目が潰れる?っと言ってた気がする

農家のおばあちゃん。
お米一粒一粒大事にしなさいってことですね

作物が無事に収穫できるということは
奇跡に近いと思っても過言じゃないのかも?
昔から祭りがあったり神様に祈ったりするのは

自然災害は人間はコントロール出来ないけど
守られたという感謝が神様にあるのでは?
と思って祈願しているのかもしれませんね
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの先頭へ