田舎暮らし

ジビエ料理、山で捕獲された鹿肉唐揚げを食す

スポンサーリンク

20140401-213505.jpg

それと釣り人が釣ってきたイカの刺し身もいただき
自然の恵みを受けています。

 

中国出張の時は、どうしても
食べるのが怖かったけど
日本の食材はなぜか安心します。

 

私にとってこういう身近に食材があり
そのまま食べるという生活は日常なのですが
結構非日常だと思われ驚かれます。

 

都会にいるとそりゃ近くに鹿がいて
それを…食べる…
となるとあまりにもリアルすぎてちょっと怖い気もしますよね

 

でも、みなさん普通に魚も肉も食べていて
スーパーにパックになっているものだから

 

結局、そこに並ぶまでの現実を見ていないだけです。

 

だから簡単に何も考えずに食べれるわけですが
スーパーに並ぶ前には
漁師さんや猟師さんがいて
仲買人がいて、市場があって、
食べやすいように加工されて…

 

購入者は焼くだけでいい

 

これは揚げていますが…
20140401-213519.jpg
という結果になるわけです。
私も生きているものをさばくこととか怖いし
できれば綺麗に焼くだけのものが欲しい。

 

でも現実を見ることで
食の大切さって気づくんです。

 

と…食べ物の話になりましたが
ビジネスも結果だけを見ると
綺麗ですが

 

その過程には色んな事があって
ようやく陽の目を浴びるわけで
成功者も見えないところでは
色々過程を踏んでいるわけですよね。
だから、あきらめないで継続して欲しいですね
誰も見ていない部分こそ大事なものがあります。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの先頭へ