田舎暮らし

台風で農産物の販売してる田んぼに行くじいさんはバカ?!

スポンサーリンク

台風の影響で雨の朝です。
私は農家さんに野菜を直売する方法を
お教えするお仕事もしています。

関係ない話かと思いますが
すこ~し聞いてください。
農業を知る前にテレビで聞いた話です。

とあるサラリーマンの2人が食堂で
ランチを食べてる時に
台風で田んぼの様子を見に行ったおじいさんが
滑って亡くなったと言うニュースが流れ
A『台風なのに田んぼに行くじいさんはバカだ』

B『でも自分の年収の札束が川に流れたら
  必死で取りに行こうとしないか?』

との会話があったらしく、
これ聞いた時に、バカかもしれないが
バカだとは思ってはいけないと
なんとなく感じた記憶があり、

農産物の販売を手がけるようになった時に
この話を思い出しました。

台風で果実が落ちないか、米は倒れてないか
とても心配したからです。
だけど危ないから祈るしか無いんですよね

自然相手のお仕事は自然の恵みも
恐怖もある、ある意味命がけの仕事ですね
台風の被害、各地にあるかと思います。

どうか心身共に早く回復するよう願っています。
常識はずれに思う行動をした人の

背景を汲み取るとバカだけでは
済ませれないこともあります

私は仕事をしているときにも
障害をお持ちの方と触れることがあります。
だからこそもありますが

相手のことを考えながらも
間違いを指摘する・指導するって
ほんとうに大事ですね。
ものを売るときや伝えるときも

相手がどう思うか、なにを知りたいのか。

どんなことに悩んでいるのかをリサーチして
解決策を見出してあげる必要があります。

ネット上の場合、それをサイト上で言葉に表したり
動画や写真で伝えるのです。

仕事目線での意見をすると
それが出来ないとソコソコしか売れませんので
しっかりリサーチして伝えることを
取り入れていきましょう。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ