田舎暮らし

田舎暮らししたいけど仕事がない!を解決するには?

スポンサーリンク

田舎暮らしで仕事がない
多くの方が抱えるリアルな問題です。

私自身は当時インターネットを使えない上に、ホームページも少ない時代だったので、田舎移住をして仕事探しをする際にタウンページで適当に電話をして募集をしていないか?と問合せをした強引でかつアナログ手法でした。

それ位する人はなかなかいないし非常識でもあるので推奨はしていませんが、最終的に田舎暮らしで仕事がないという壁にぶつかり、それでもどうしてもその地で仕事をしたいのであれば、直接問い合わせてみると言うのは方法の一つなのであくまでも参考では有りますが片隅に置いておいて下さい。

まずはオーソドックスな田舎暮らしで仕事がないの解決策について記載をします。各項目に付いては、今後追記していきます。個人が特定されたり秘匿性の高い内容に関してはメールマガジン会員限定記事になりますのでメールマガジンをご登録いただきパスワードを入れて閲覧してください。登録は簡単。メールアドレスとお名前をご入力いただくだけで購読は無料です。メッセージを添えていただくと嬉しいです。

詳細はこちらのバナーをクリックして下さい↓
pass1
田舎で独立するスキルを身につける方法についてはメールマガジンでもご案内しますので参考にして下さい。本などで学べる都会の独立ノウハウと田舎のノウハウは違います。

田舎暮らししたいけど仕事がない!を解決するには?

当たり障りのない誰でも想像できる仕事の探し方なのですが…一般的には下記のように田舎での仕事探しをされると思います。2016年現在、地域創生などで移住制度の充実や地域おこし協力隊や母子家庭・父子家庭の田舎移住受け入れ制度など、過疎地に人を誘致して働き口を紹介するというのはかなり幅が広がっていて過去に比べると仕事は非常に捜しやすい傾向ではあります。

それがご自身にとって幸せな田舎暮らし、田舎移住成功かどうかはそれぞれなのですが…。(私は地域おこし協力隊などの移住はしていません)

今までの仕事のスキルを活かして田舎に転職

医者や看護師、技術者、教師、士業、資格がいるお仕事など田舎でも通用する仕事のスキルをお持ちの方は比較的スムーズに仕事が探せると思いますし、必要とされるスキルや資格をお持ちでしたらなおさら強みが有ります。

これは田舎での仕事探しだけでなく、都会での仕事探しでも同じ事ですね。田舎と都会の違いといえば、田舎は知らない人を雇う事のハードルが高いという事です。こういったことも踏まえて、改めて記事を記載します。

関連記事⇒ 資格や経験を活かして田舎で転職するには?

田舎で必要な資格は仕事も生活も自給自足する意欲

地域おこし協力隊として地方自治体で仕事をする

「地域おこし協力隊」とは?


2016年も地域おこし協力隊として自治体の募集はさまざまあります。

地域おこし協力隊に関する記事一覧

・民宿の再生や道の駅の活性化
・地域の特産物を全国に広める仕事
・地域の人の福祉を考える事
・観光地屋イベントの活性化
・第一次産業に挑戦する

など田舎ならではの仕事を与えられ数年間、手当てが支給されたり住居を安く借りれたりします。田舎移住をしやすいのですが、私は個人的にこの地域おこし協力隊というのはしっかりビジョンをやスキルを持たないと失敗してしまうと思っています。人のお金だと暮らしていけるけど、任期が終ると自立できなくて悩む人が非常に多いのです。サラリーマンが脱サラ後に苦労するのと同じで地域おこし協力隊後は自分で仕事を見つけていかないといけません。

地域おこし協力隊の真実の声は名前が表にでている以上、なかなか聞けないです。成功事例ばかりを参考にするのではなく失敗談もしっかり聞くようにしましょう。匿名でかなり悪口を書いている人もいますが、それも個人的な価値観や、自治体にもよるので参考程度にされつつご自身で判断されて下さい。私は制度を利用せずに移住をしているので人脈もないし、貯金も有りませんでした。無職になって焦り思い悩みましたが、プライド捨てていろんな事を仕事にして田舎で暮らしているので私の体験談は参考になると思います

この記事はパスワード保護しています。それは読む立場の人にとっては喧嘩売ってるのかと思ったり、批判していると誤解を受けるので…なので、これはこれから地域おこし協力隊を考えている人のみお読み下さい。

⇒ 地域おこし協力隊として仕事をする注意点

無料会員限定記事

ハローワークや求人サイトや移住相談会で転職する

インターネットでその地域のハローワークを検索する事もできるし求人サイトもあるので、大体の目安として探し易いし、田舎に行かず都会にいながらにして就職活動が出来るのは、働きながら田舎暮らしの仕事を探している方には非常に便利で楽です。

ですが楽な分、本当の事がすべて知れないというデメリットもあります。特に移住相談などは、移住して欲しい人が窓口にいる場合、来てもらうための事を強調するので本当にあなた個人のためにアドバイスをしてくれるかは不明です。今は、先に移住をしている人が相談員としている場合も有りますが、相談員が自治体のほうを見ているか、あなたの事を見ているか、どっちを見ている人かということを大事にしてください

ハローワークや求人サイト・移住相談会で田舎に転職する

無料会員限定記事

工場バイトなどでとにかく田舎移住を決行する

田舎暮らしをしたいけど仕事が無い、ここで踏みとどまっている理由は仕事を選んでいる、こだわっていることが多いです。田舎移住をしていきなりやりたいことを実現できるというのは実際の田舎でのマーケティング・人間関係含め難航するので難しいです。なのでまずはその地に移住をしてみるという手段で地方の工場バイトや派遣社員で仕事をするという選択肢もあります。

工場バイトは全国の派遣登録サイトなどで見つかりますし、比較的学歴不問だとか寮付とか移住をしやすい条件では有ります。ただ、仕事が肉体労働で長時間だったり、休みが不規則だったり、シフトせいで仕事量が少なかったり休みがなかったり、寮費や食費で天引きされ思うようにお金が残らないなど田舎でゆっくりしたいのにできない事も有ります。

ですがとりあえず移住をして仕事にも励みつつ人脈を見つければ良い仕事の案件などが見つかるきっかけになります。私も工場経験ありなので、その点も踏まえてメリットとデメリットを記事に記載します。

工場バイトなどでとにかく田舎移住を決行するコツ

無料会員限定記事

第一次産業の担い手として研修制度を利用する

地域の産業を守るために担い手の研修制度があります。常に募集をしているわけではありませんが、農業、林業、漁業など跡継ぎがいなくて若者育成をするために助成金が出る制度などがあるので、本当に第一次産業をしたいのであれば検討されると良いです。

ただ仕事がないから農業でも、、、という考えでは独立後にも食べていけずに失敗しやすいです。農業や漁業を仕事としてしたいのか、野菜作りと釣りを趣味として暮らしたいのかでは全く違います。どちらかを見なおしてみましょう。

農業・林業・漁業など第一次産業の担い手として移住する

スポンサーリンク

無料会員限定記事

お金を貯めて自分のお店を持つ

・田舎でカフェを開業したい
・田舎で工房を持ちたい
・田舎でショップを持ちたい
・田舎で整体院を開きたい
・田舎でカルチャー教室を開講したい

などといった自営業としてのお店や会社を構えたいという方は仕事がないというよりはお客さんがいるかいないかというところが課題になりますね。移住者を増やして人工が増えて欲しいわけですから自治体自体は受け入れはしてくれやすい事が有りますし助成金制度も各自治体に有ります

ですがそのビジネスが成り立つか、近所の人が反対しないか、そういったことまでは自分でも考える必要があります。いざお店を構えても集客が出来ない、近所からクレームを言われて肩身が狭いなどの問題が出てしまっては後悔しか残りません。

田舎で独立起業やカフェの開業をする際の注意点

無料会員限定記事

リゾートバイトやアクティビティのインストラクターなどになる

今は田舎でもアクティビティを充実させて観光客を増やそうという動きがあるのでインストラクターの養成講座や資格取得制度などいろんな事が有ります。ですのでリゾートバイトやインストラクター、ガイドなどといった観光客向けの仕事もあります。

ただこれは季節のものもあるし天候によっては仕事が中止になったりと不安定では有りますし、体が資本なので自己管理も大事だし、いつまでもフルで出来る仕事ではない場合には副業や兼業を考える必要があります。リゾートバイトやインストラクターのデメリットも含め体験談も記載しました。

田舎でリゾートバイトやアウトドアのインストラクターになる注意点

無料会員限定記事

田舎移住でインターネットを使って在宅ワークをする

都会ではノマドという言葉が一時、流行りましたが、まさにそれと同じで場所を選ばない仕事が出来るのであれば、田舎暮らしで在宅ワークという事が可能になります。

その仕事の内容的には

・設計士、デザイナー、ライター
・ネットショップの運営
・地域ブログで広告収入
・趣味ブログで広告収入
・アフィリエイトブログの運営
・WEBでの通信講座の運営
・youtuber

などインターネット上で出来る仕事というのがあります。特に、ブロガーやYOUTUBERなどは憧れる人も多いですが成功している人は本の一握りだという事を念頭に入れて勉強をしましょう。インターネットの仕事は実店舗と違って少ない資金で始めれる事とうまく行けば本当に生活が成り立つというメリットが有ります。

得たスキルは本業のネットショップや実店舗の集客やファンづくりに活かせるし、地域の人でパソコンが使えない人のサイト作成代行や集客の代行ができるようになるので、仕事の幅がぐんと広がります。

田舎移住でインターネットを使って在宅ワークをする

田舎で好きなことを仕事にしたりのんびり過ごせるようになるには?

無料会員限定記事

田舎の知人に仕事を紹介をしてもらう

田舎では人脈が非常に大事で困ったら助けてくれるというありがたいこともあります。ですので知人がいれば知人に相談して紹介してもらうという方法もありますし、どこの誰かわからない人を雇うよりは、知っている人のほうが安心という人も地方には多いです。

ですが知人の紹介がゆえに辞める事もできないし、窮屈な思いをすることもあります。人間関係は深くなればなるほど抜ける事が難しいのでご注意ください。ちなみに私はこのブログも公平な立場で書けるように、自治体系の人と深く付き合わないように意識をして生活をしているので挨拶はするけど深い話はしないです。どこまで仕事人間なんだって感じですが

私が見ている方向は田舎暮らしで仕事をしたい一般の方であり、決してお役所の方の顔色を伺うのではありません。なのでお役所関係の人には煙たがられる事もあると思いますが行政に対しての批判をするのではなく、移住をしたい人が気になること、知りたい事を同じ移住者の立場としてお届けできればと考えているからです。

環境や立場が違うと発想も違います。なのであくまでも私は一般民間人としての立ち位置でお届けしますね。田舎での仕事探し、一番効率が良いのが知人の紹介です。ですが、簡単な分、知人の紹介にも落とし穴もありますのでその辺りも踏まえてお話します。

仕事が無いなら田舎の知人に仕事を紹介をしてもらう

無料会員限定記事

田舎暮らしの仕事に関する個別の悩みについて

1.田舎移住するのに地域おこし協力隊しか仕事がないのでしょうか
2.田舎でカフェを開きたいけど収支計算に不安があります
3.田舎に仕事が無いから若者が都会に出ているのに本当にあるのでしょうか
4.自治体絡みの仕事がスムーズに進まずストレスです
5.セミリタイア生活に憧れてネットで仕事をしますがうまく行きません

田舎暮らしの仕事に関する読者さんからのリアルな相談5例


上記の田舎暮らししたいけど仕事がない!を解決することに関して、それぞれのメリットやデメリットもあり、実際に住んで経験した事などを含め限定記事で記載をしていこうと思います。あまり公に書くと先ほど上に記載したように、第三者を意識してしまい、深いところまで書けないこともあるのでのびのびと書けるように限定にさせて下さい。怪しいとかではなく、本当に悩んでいて読みたい人にだけ読んでいただけるよう真剣に書くので、内容が気持ち悪いくらいに判ると思いますので参考にしてくださいね。

あとブログでは書かない田舎暮らしのお仕事成功例や失敗例もメールマガジンで配信します。

⇒ メールマガジンの登録はこちら

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ