田舎暮らし

田舎でリゾートバイトやアウトドアのインストラクターになる注意点

スポンサーリンク

田舎暮らしをする動機として、ダイビングが好き、サーフィンが好き、スノーボードが好き、自転車が好き、登山が好き、ゴルフが好き、温泉が好き、釣が好き、ヨガが好き、などといったアクティブなスポーツの趣味をお持ちの方や沖縄や伊豆、北海道などリゾート地が好きでそこで住み込みや寮でアルバイトができれば、いいなあと憧れる方もいます

リゾートバイトやアウトドアのインストラクターになる注意点

その場合にインストラクターの資格を取ったりリゾートホテルのバイトを探すと思います。実際にリゾートバイト専用のサイトも有りますので、人気は高いのだと思います。↓


リゾートバイトやインストラクターのデメリット

・繁忙期しか仕事が無い
・シーズンが限られている
・お客さんがいないと収入がない
・一番遊べる時期に仕事が忙しい
・遊びと違って人の命を預かる責任も出てくる
・すぐに辞めると思われこき使われるだけ

などといった問題があります。

私の知人もインストラクターでフリーで仕事をしていますが集客は自分、低価格、天候によりキャンセルになる、シーズンオフは仕事が無いなどといった問題があり生活は不安定なのでバイトを掛け持ちして移住をしています。

私自身も本業がありつつも、自営業ならではの調整できる時間を活用して将来の目的の経験や気分転換含め、季節だけのバイトや、地域ガイドとして週末だけ活動したりしていますが、本腰を入れていないというのもありますけど到底その仕事だけでは生活は無理です。他の人も年金がある人や本業がありながら空いた時に活動していると言った感じです。

リゾートバイトに関しては、時給計算でいついつまでという期限が切られているし、自分自身でも、ずっと移住をしてこの仕事を続けていくという気持ちではなく、バイトとして期限を切っているはずです。ですがインストラクターとしてそれで生計を立てようと思う人は定住思考なのでどうしても収入源の不安定さが問題になり、思うほど自由に暮らせないということもあります

好きなことを楽しめることが幸せ!とお金を気にしない独身の方や配偶者にも収入がある方などは問題ないと思いますが、扶養しないといけない家族がいると一本で食べていくのは非常に難しい人が多いですね。

大抵の方が、復業しています。季節の農作物の収穫の仕事を手伝ったり、知人の居酒屋やカフェを手伝ったりっと複数箇所から収入を得ていることが多いです。そして問題となるのがインストラクター系の仕事は、価格が高いと地元の方には利用されませんので観光の方を対象にする集客をしたり、イベントを一生懸命考えたり自分のファンを作って成り立たせるスキルがいります

カフェの営業や独立開業と同じで、結局は自分でお客様を獲得するスキルというのが必要でそれができれば、田舎での仕事の選択肢はもっと増えます。例えば、集客スキルを活かして

スポンサーリンク

・地域の野菜をネットで売る
・イベント集客の代行
・異業種でイベントコラボする
・ブログで収入を得る

などといった地方で必要とされる仕事を代行でしてあげることも出来るし、収入の柱を別に建てることができますね。何度も書いていますが田舎ではネット集客というものができれば重宝される人材であり、自分の仕事も飛躍します。

ちなみに私も地域ガイドのネット集客や農家さんの農作物を代行販売したり、企業のネットショップのコンサルティングなどをしています。最初はパソコンも苦手だし疎いし、アナログでいたかったので、そんなつもりはなかったのですが、スキルが身につきできることが増えたし役に立てるので仕事としています。

集客スキルに関することは他のブログ記事を合わせて読んでいただくことや、実際にやってきたことなどはメールマガジン限定でもお伝えします。

田舎で仕事が無い!を解決するには?記事一覧

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ