田舎暮らし

仕事が無いなら田舎の知人に仕事を紹介をしてもらう



田舎での仕事探し、一番効率が良いのが知人の紹介です。ですが、簡単な分、知人の紹介にも落とし穴もありますのでその辺りも踏まえてお話します。

田舎の知人に仕事を紹介をしてもらう

田舎暮らしをするにあたり住んでみないと気が付きにくいことではあるのですが、田舎は人口が少ない分、なおさらネットワークが狭く情報網が早いので人付き合いというのは非常に濃厚であり良い点でも悪い点でもあります。

いきなり知らない人が雇って欲しいというよりは、誰かの知り合いであるほうが非常に雇われる確率が高くなります。かといって、はじめての地で知り合いがいることもめったにないことですので、別の記事に記載した、工場バイトなどでとりあえず移住して休日に人脈を作ったり、地域おこし協力隊になって仕事を真っ当にして信頼を得て任期後に紹介してもらったりなど、まずは住んでみる、訪ねてみる、と言った行動での面識をすると良いですね。

ただ、知人の仕事紹介にもデメリットがあります。

知人が故に、価値観の違いや不満が出ても辞めにくいことと、トラブルになって辞めた場合に周りとの人間関係が悪くなり居づらくなるといったこともあります。

地方の集落では噂は回るのも早いし、買い物に行っても、イベントに行っても、病院に行っても必ずと言っていいほど誰かの知り合いに会うと言った狭いテリトリーなので辞めたあと、窮屈だったり肩身が狭く思うかもしれません。

気にしない性格だったら良いのですが、気にすると結構辛いものです。新規就農とか地域おこし協力隊でもそうですが、表立って言えないことや不満があったりしても相談できる人もおらず孤立するということも起こりえるので最悪は田舎からと海に帰るという最悪なケースも有ります。

ブログの更新が途絶えている研修生なども周りを気にしすぎて書けなくなったり、良いことばかり書こうと思うと更新が辛くなってきてフェイドアウトすることもあるんです。

私がこのブログでパスワード制にしている理由の一つでもありますが、私自身もやはり読まれたくない人もいるし読む必要が無い人もいます。パスワード制にして嘘を書いているのではなく本当のことを書くために『読みたい人・読んでもらいたい人』に制限して心置きなく羽根を伸ばして書いている次第です…この意味きっと田舎移住をすでにされてる方や、田舎育ちの人はわかっていただけるかと思います。

知人に仕事を紹介してもらうことは非常に有効ですが、デメリットも有るということだけは意識しておいて下さい。都会とは違って仕事をやめて同じ場所に住んだまま、二度と関係者に会うことはない、っていうことはほぼありませんので…。円滑に気持よく暮らすために、近所づきあいが大事です。それが無理な場合や煩わしい場合は独立をすることを視野に入れると仕事の人間関係に関しては気が楽で良いです。

独立するためのノウハウは引き続きメールマガジンでお伝えしていきます。

田舎で仕事が無い!を解決するには?記事一覧

———————————————————————-



>当ブログをご覧頂き直接相談がある方は
⇒ フォームにお問い合わせ下さい

田舎でできる仕事を本格的に知りたい!という方限定で講座開設しています↓
wakaba3_1田舎の仕事でブログを使うとなぜ良いか?5つの活用方法

wakaba3_1田舎の仕事でネットショップを持ちたい方・無料資料請求

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ