田舎暮らし

地域おこし協力隊は給料泥棒?失敗で任期終了しないためには

スポンサーリンク

地域創生で地域おこし協力隊が発足して

数年経過し、認知度も上がり、実際に任期を終えた人もいて

様々な情報が飛び交っています。その中で

  • 地域おこし協力隊は給料泥棒
  • 任期終了後に暮らしていけないから失敗だ!
  • 地域おこし協力隊のその後に起業するのは難しい

などといった言葉を耳にすることがあります。

私自身も過去にこんな記事を書いてます

こんな地域おこし協力隊いらない…任期終了後の相談も幻滅

ですが全員が志が中途半端だとは思えません。

特にその地に対し熱い思いを持つ方は
何とか返したい!と思っているのは伝わるのです…
ですが実質結果が必要でもあり。。。

地域おこし協力隊は給料泥棒?失敗で任期終了しないためには

まず、地域おこし協力隊を知らない方は

「地域おこし協力隊」とは?


をご覧ください。

地域おこし協力隊って配属される場所により
任務も仕事内容も全く変わり、
教科書通りにいかないです。

そこで試行錯誤しながら任務をこなそうとするも
まず、環境や価値観の違いを飲み込むことから始まり
人と知り合い、人脈を広げてとやっていくうちに
あっという間に地域おこし協力隊の任期が終了することも。

そこで失敗だとか給料泥棒といわれるから
反論したくなるのも人の感情。

地域おこし協力隊VS自治体

になってしまいます。

目に見えないネットの仕事は理解されにくい

田舎ネットビジネス
実際に何かを期待されて配属されているので
その期待に対して見せるものが必要となる。

雑務や人助け、打ち合わせなど、
数字として表れにくい仕事の場合は
さらにそれが伝わりにくい。

目に見える結果がないと
仕事をしていないことになりがち。
自分のことはさておき。

私自身地域おこし協力隊ではないけども
特産物のネットショップ作成とか
もろもろやってきたけども

ページを作るというスキルがない手助けをしているから
本来は役に立ってるはずなのに、
すぐに売り上げが上がらないので
仕事をしてないことになるのです。

自分がやってないことの苦悩は
なかなか理解できません。

時間をかけてやらなきゃいけないことでも
すぐにできると思われる。

特にネット配信に関しては重宝されるけども
反応が見えないとやったことにはならない
時間がかかるよといってもわからないのがネット素人。

いまでこそ私は理解したうえで説明しますが
別に地域おこし協力隊でもないし
自治体の人間ではないので、よくある無償的な仕事は
受けないようにしています。

スポンサーリンク

逆にできるようになるには?ということを
教えるようにしていますが金銭が発生すると
途端にせこいと思われることもありますが
民間人なので理解してもらってます。

地域おこし協力隊の活動ブログを観光集客に活かす方法

をご覧ください。

給料泥棒とか失敗といわれないために
何かしらの爪痕を残し
すぐに理解されなくても、

あとから、あの人のおかげさまだった!と思える
仕事をしていると、次の仕事に活かせます。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ