田舎暮らし

田舎暮らしで仕事の提案が受け入れられず批判や反対に勝つには?

スポンサーリンク

地域おこし協力隊などの移住者が新しい風を入れようと都会で培ったスキルや都会からの目線でのプレゼンをしたとしても、よそ者や若者の意見は取り入れないなんて言う風習は田舎にはよくあることです。しかし仕事として地域を変える任務を持っている方はあきらめるわけには行きません。

田舎暮らしで仕事の提案が受け入れられず批判や反対に勝つには?

田舎暮らしで仕事の提案が受け入れられず批判や反対に勝つには?
育った環境や価値観が違うところに飛び込むと、都会でも田舎でも意見の食い違いは必ず出ます。都会ではいろんな場所から集まることもあり、違う考えに対する順応性は高いのですが、田舎の集落になると先祖の代から根付いた風習や考え方などがあり、変わることより守ることのほうを重んじることもあるので、新しいことは過剰に拒否反応を起こすことは多いです。

  • 都会のもんに何がわかる!
  • 移住して日が浅いのにわかったようなこというな!
  • そんなことは意味がない、したくない

など、うんうん、とうなづいている人もいることでしょう。そこにまかれていては仕事の意味もなさないし、やる気も失せたりします。そうなるともっと悪循環に。

批判されても負けないために、郷を知って歩み寄る(リサーチをする)、経験を積み重ねてきた強みや自信を持つ、嫌われても最後には感謝されるんだという気持ちを持つ、といったことが大事です。

そういう姿から受け入れ拒否の状態から徐々に受け入れてもらえます。田舎ではスキルもさることながら信頼関係や人間関係が重要。なので地域活性ビジネスなどをする場合は、その地域を知ることから始め、いきなり変えようとしないことですね。

そういう人間関係の気づかいや相手に合わすことが苦手であれば自分だけで黙々と仕事をして行く方が良いです。うまくいったら自然に良い話も舞い込んできます。

批判から集まった人は自分も批判される可能性も高い

逆に批判したい、そういう思考を持った場合には

批判したいなら配信しなきゃ負け犬の遠吠えに

スポンサーリンク

を参考にしてください。批判からはあまり良い人脈は生まれません。自分を変えようとせず、人を批判することが好きなだけの集まりになり、批判だけに共感をしあなたの考えに賛同したわけではない場合に、ご自身もターゲットにされかねません。批判して集めるのではなくて、自分の意見を伝えるという手法で味方をつけると良いです。

共通の敵を作るという結託力はビジネスにおいて有効ではありますが、集め方が大事です。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ