田舎暮らし

田舎暮らしを辞めたい!移住者が都会に帰りたくなる理由とは

スポンサーリンク

田舎に暮らしたいと思い田舎移住をして、
田舎暮らしして本当に良かった!という人もいますが
田舎暮らし辞めたい!
という声も時折耳にします。

人により田舎暮らし辞めたい理由は違うのですが
根深いところを考えるとだいたい共通しているなと
感じることがあります。

田舎暮らしを辞めたい!移住者が都会に帰りたくなる理由とは

田舎暮らしを辞めたい
田舎暮らしを辞めたくなる理由。

  • 仕事がない
  • 生活が不便
  • 学校が少ない

など色々あると思いますが
田舎に仕事がないというのは、選ばなければ仕事はあるし、その気になれば自分でできます。田舎暮らしをどうしてもしたいのであれば仕事は必ず見つかるし、なんでもできると思うので実は、仕事がないという問題は田舎移住後に田舎暮らしを辞めたい大きな理由にはなりません。

生活が不便というのも、便利な都会に慣れ親しんだせいもあり、最初こそ不便で不満かと思いますが、田舎暮らしをしたい動機や気持ちの強さが大きいとその環境を受け入れることもできてくるし不便に勝る魅力があるので、田舎の生活の不便さは田舎暮らしを辞めたい理由の1番目にはなりません。

子育ての問題で学校が少ないという問題に関しては最初から分かっていることなので移住してまで変えた環境を学校が少ないという理由でやめることもほぼないかと思います。

仕事や生活の不便さや学校問題はあれど、根底には人間関係の問題があると思います。田舎移住するのに都会に帰りたいと思わせるのは人間関係がうまくいかないから…。

人間関係がこじれると仕事も生活も子育ても大変です。人との関係がうまくいかないことで連鎖的に他のこともうまくいきにくくなります。人間関係が良好な方が阿藤的に良い状況にはなるのですが、かといって人間関係を無理して合わせるのではなく、人間関係を極力築かずにできる仕事ができるのであれば仕事もできますし関わらずに暮らしていけばよいです。

嫌な人と付き合わない無視できる心の強さを持つことも必要でなんでも流されていては人によっては辛すぎて疲弊してしまいます。私だけかもしれませんが私は無駄に群れたり、生産性のない話をして時間をつぶしたりするのがすごく嫌いなので会議という名目のたんなるお茶会や飲み会には一切参加しません。

付き合いが悪いといわれようが徹底しています。結局そういう付き合いをしなければ順調に暮らせないと思うのが間違いで、意味のない付き合いをしなくても近所とうまくやっていけますし、嫌な人と絡まない、自活できるスキルを意識しています。実際単なるお茶会に参加しなくても人間関係がそれを理由に悪くなるなって感じることはないのです。

会えば普通に挨拶するし助け合い精神を持ちながら暮らしています。

田舎の人間関係って本当に色々あって、集まりに行かないといけない、仕事が思うようにできない、などで本当に田舎のことが嫌になる人がいますが、私の場合、それは当たり前くらいの感覚でいつつ、近所の人がいなきゃ田舎の生活が成り立たないというところまで自分は他人への依存体質ではないです。地域おこし協力隊のように決まりや任務がある中で仕事をする人は一度こじれると本当に大変そうですね…(蚊帳の外ですが。)

当然時折嫌な人もいるのでネタとしてこのブログでも書くことはありますが、その人が嫌なだけで田舎暮らしを辞めたいということにはなっていません。他の人がいるから楽しみもあります(昨日も今日もご近所さんに野菜頂いたりしました。)ですが、人間関係の付き合いの多さにうんざりしたり監視行為にうんざりしてストレスが溜まっている人がいるのも事実。

スポンサーリンク

仕事がないとか不便だとか給料が安い、学校が少ないという理由もありつつも人間関係の嫌なことがあれば田舎暮らしを辞めたいと思ってしまうことって、これは都会でサラリーマンとして働く人も同じで、会社の上司が嫌、同僚が嫌、社の考え方が嫌、お客さんの相手が嫌、営業が苦痛、など人がかかわることに関して嫌になっていることが多いのです。

でも逆らうと仕事がなくなるだから我慢しているっと言うのと同じようなことで、田舎暮らし自体が好きなのに、諦めるってもったいないですよね。でも仕事がどこでもできるスキルがあれば引っ越しをすることでまた違う田舎に行くこともできるし無理に人に気を遣ってストレスを溜める必要はありません。なので自立スキルを身に着けておくことをお勧めします。それは人生の強みになり選択肢も広がり心にゆとりが持てるからです。

ママ友とか姑問題は簡単にいかないかと思います。田舎暮らしを辞めたい!移住者が都会に帰りたくなる理由はやはり人間関係が大きく締めるなと感じます。ただ冷静に見るとそれは都会でも起こりうることなので、どこで暮らしても人間関係に疲弊しない行動や意識をして暮らすことをお勧めします。

自分の環境を作り上げるのは自分の思考でもあるので自分自身が心豊かに暮らせば自然と良い人たちと付き合うことができるようになります。すぐに答えを出すのではなく自分が身を置いている環境や思考を変えてみることで解決することもあります。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ