田舎暮らし

地域おこし協力隊の仕事がブラックで辞めたい!失敗したくない方が多い?

スポンサーリンク

田舎移住の手段として地域おこし協力隊という道を選択する人が増えています。お国の地方創生などによって自治体が力を入れていることもあり情報もどんどん入ってくるし、移住フェアなども都心部で開催されるので田舎移住に対するハードルも低くなる一方、地域おこしを辞めたいとか仕事内容に不満を持つ方も当然出てきます。

地域おこし協力隊の仕事がブラックで辞めたい!失敗したくない方が多い?

tiikiokosi
分母が増えるので当然満足、不満足の人数はどちらも上がります。そして実際に地域おこし協力隊をした人の声も出てくるので成功のイメージもつきやすいでしょう。

しかし残念ながら失敗例というのは表だって出にくいものです。それは個人が特定されやすいので言いにくいし、伝える手段を持っていない方もいる。そして、名前を出す必要もない掲示板等のニックネームで発散するケースもあります。

しかし情報というのは誰かの意見に片寄ってそれだけを信じるのではなく全般的に見て自分だったらこうだなあっと、判断できるようになる方がいいですね。夫婦喧嘩でもどちらにつくかで見方も変わってしまうように、どちらにも善し悪しがある中の1意見として収集しましょう。

地域おこし協力隊のことが知りたい人が検索しているキーワード例

最近1か月でのアクセス解析によると
tiiki
といったデータがあります。
テキストに書き出すと

1. 地域おこし協力隊 失敗
2. 地域おこし協力隊 その後
3. 地域おこし協力隊 ブラック
4. 地域おこし協力隊 トラブル
5. 地域おこし協力隊 辞めたい
6. 会社 辞める 地域おこし協力隊
7. 近所付き合い 地域おこし協力隊
8. 地域おこし その後
9. 地域おこし 辞める
10. 地域おこし協力隊 給料
11. 地域おこし協力隊 近所
12. 地域おこし協力隊 辞める
13. 地域おこし協力隊 失敗事例
14. 地域おこし協力隊 失敗例
15. 地域おこし協力隊 長崎県 失敗例
16. 地域おこし協力隊 任務
17. 地域おこし協力隊辞める
18. 地域おこし協力隊注意点


この様なキーワードでアクセスがあるということは

地域おこし協力隊に関して 不満とかトラブル、辞めたいなどで悩んでいる方や、これから地域おこし協力隊になりたくて失敗したくないから人の失敗を学んでおくために情報を探しているかもしれないし、失敗例を何かの資料として使いたいのかもしれません。

私自身、地域おこし協力隊ではないので、明確なことが言えないのも事実です。それこそ、外からと内からとは見え方も価値観も違うので、一民間人の移住者として思うことは地域おこし協力隊も一般でいう会社組織のようなもので決まり事や制限、人間関係、などなどはついて回り、決して移住者の暮らしを快適に支援するだけのものではないということです。

その後、どうやって自活するか、どうやって田舎暮らしを定住させることができるか、そういう体験をする田舎暮らし研修生みたいなものなのですが任期が終わると後は自分次第という感じになりますね。辞めたら研修中に会社を辞めたようなものです。

ですから都会の仕事や会社の人間関係が嫌になったから田舎でも…という場合は結局は組織に加わってしまうので何かしら人間関係はついて繰るし、都会のようにドライではないので(住まないとわかりません)地域おこし協力隊というのは精神的にもきついです。

スポンサーリンク

田舎移住は地域おこし協力隊しか良い手段がないと思っていませんか?

地域おこし協力隊は田舎暮らしを始めるのに良い手段の一つですが、地域おこし協力隊などという制度がない時から移住をしている人もいるのです。

ということは別に、地域おこし協力隊にならなくてもできるわけで、いまでもそういった制度を利用しなくても、その地に移住るという支援もあるし自力でしている人もいます。

個人的には独立心が旺盛でかつ、人間関係のいざこざとかドロドロが苦手な人は地域おこし協力隊ではなく、独立という形、もしくは民間に就職する手段のほうが向いていると思います。目の前の支給金をもらえる安心感やお得感などで利用しないともったいないという感覚では後悔することもあるので、

本当にその地に移住したいと思う気持ちが強いのであればたとえ給料が少なくても、副業しながらお金を補てんしたり貯めて、独立するスキルを磨いたほうが良いです。そのほうが自分が付き合いたい人だけ付き合うこともできるし田舎暮らしを辞めたいと思っても自分だけの判断で行動することができます。

人脈が…と心配かもしれません。確かに地域おこし協力隊のほうが紹介されやすいし地元の人の認知度もあり話を聞いてもらいやすいです。チャンスもたくさん与えられます。しかし、その地でまじめに暮らしていたら民間でもおのずと地元の協力者も現れますし打ち解けるとびっくりするくらい民間の人のほうが温かく情も持っています。

もうなってしまった場合にはアドバイスにはなりませんが、これから田舎暮らしをして仕事を探しているといった場合はご自身の性格なども踏まえて田舎移住をするには?の良い方法を考えてみましょう。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ