田舎暮らし

20代独身女の田舎移住は受け入れ拒否それとも歓迎?

スポンサーリンク

以前、田舎移住というと40代の夫婦とか、セミリタイア、リタイア後の第二の人生として年配の方のほうが多く、20代で田舎暮らしをするというとかなり珍しがられたし、大丈夫?失敗しない?と心配や変わり者扱いでしたが…。現在は若者20代の田舎暮らしも増えています。

20代独身女の田舎移住は受け入れ拒否それとも歓迎?

20代独身女の田舎移住は受け入れ拒否それとも歓迎?
私が田舎移住をしたのは25歳でした。当時からするとかなり早めの田舎移住で移住者を歓迎する制度はありませんでした。(何か探せばあったかもしれませんがネットを使えず、知らなかったし、地域創生や地域おこし協力隊などという言葉はなかったときです)

田舎暮らしといっても市内の便利なところに住んでいたので近所づきあいもさほどなく、自分で仕事を探して会社の近くのアパートに住んだのですが、家主さんにかなり気に入られて、差し入れなどすごい頂いたり、心配してくれたりと、都会で一人暮らしをしていた私にとっては正直めんどくさい、おせっかいだなんて思っていました…。

25歳で独身だったので結婚するだろうと期待され?おばさま方に、結婚相手はいるの?いい人を紹介するよ、などなど見合い話が結構ありまして、田舎暮らしでスローライフを目指してたのに仕事ばかりしていた私にとって結婚なんて考えられず、たくさんの縁談を一つも受けることなく見合い処女です(笑)

独身女性が田舎に移住すると嫁の貰い手が来たと期待され受け入れに歓迎する人もいる反面、独身女性が一人で田舎に住むなんて危ない、どうせすぐに帰ってしまう。などなど受け入れ拒否するケースもあります。(私の場合、男がうろついて治安が悪くなると近所のおばあさんに言われてたそうです)

今は独身女性の田舎暮らしに違和感はない時代に、しかし…

今は地域おこし協力隊などで若い女性が独身で移住してきているので違和感はなくなっているかと思いますが、冒頭で書いたように以前は珍しいことなので『ワケアリ女』だと思われていただろうし、私が移住したときにもなんできたの?と質問のあらしで不思議がられました。

独身女の田舎移住に違和感がなくなったとはいえ、同じ女性だから差別ではないとわかってもらえると思って書きますが今でもアラフォーとなって独身だと『問題がある女』と思われることもあるでしょう・・・

もちろん人が増えるのは歓迎ですが、跡取りを探しているお母様方にとっては、子供が産めない年齢の女性には見向きもしてくれず、私も今はもう見合い話もなくなりました。結婚して子供を作って、ということができない限り嫁としては不必要なんだろうなと。私もいろいろ言われましたし…

と話が20代の独身女性の田舎暮らしから、ついつい30代40代の女性の田舎移住になり、長くなりそうなのでこの話は次の記事に記載します。

スポンサーリンク

20代で都会から田舎に来ると田舎の生活がストレスにも

住む田舎によりますが集落に入ると家族も同然なので都会の感覚で近所づきあいをクールにしていると色々言われることが厄介に思うかもしれません。特に20代の女性なんて可愛くてたまらないのでついついお世話をしてくれると思います。最初はそれがうれしいしありがたいけど毎日になると監視されているようで苦しくなることも。

彼氏なんて連れてきた日には…(笑)

私はNTTの人がネット回線工事に来てくれてるだけなのに、男を連れ込んでいるといわれました。その時30歳くらいだったかな。くだらないこと言うなあっとあきれてしまったことを思い出します。今なら笑える話なのですが。

近所のうわさや見物?は環境の違いなのでそれは愛情だと思ったほうがストレスなく暮らすことはできるし、困ったときに人に助けられることもあるので若い時には面倒だと思う近所づきあいも歳を重ねるといつしか近所の関係が感謝に代わる日が来ると思います。もし、それが嫌なら集落から離れたところで暮らし、市街地に暮らすなどが良いと思います。

独身女性の田舎暮らしの続きのお話はまた。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ