田舎暮らし

田舎暮らし最高!と仕事で嘘をつき続ける新規就農者の末路

スポンサーリンク

田舎暮らしをしたい人の仕事の選択肢に新規就農という方法があります。農家になりたい、農業をしたいといった具体的な目的ではなく

田舎暮らしをするための仕事の手段

という考え方で新規就農制度を利用して、青年給付金などを生活費にしながら田舎暮らしで農家として独立していこうと計画をするといった人も中にはいます。たまにテレビで芸能人の自給自足生活を見て

『農業でもしながら田舎暮らしを…』

といった、少し夢物語の田舎暮らしです。

田舎暮らし最高!と仕事で嘘をつき続ける新規就農者の末路

田舎暮らし最高!と仕事で嘘をつき続ける新規就農者の末路
とある新規就農を目指す男性の話です。田舎移住までのことを意気込んで書いていて、とても前向きでこれから起こることが楽しみで仕方がない様子です。

最初は本当に田舎暮らしは最高と思っていたはず…

移住をしてからお世話になっているご近所さんや農業を指導してくれたり人の感謝を書き綴っていました。本当に田舎移住して新規就農に挑戦してよかったと思っていたはずです。

しかしとある時から畑に嫌がらせがされているという書き込みがあり、思い悩んでいる様子でしたが、何とか前向きに明るくふるまって、田舎暮らし最高!といったニュアンスで更新していました。移住経験がない都会の人には感じ取れないかもしれませんが、

文字には言霊があるのでなんだか田舎移住した身にとっては嘘をついている部分があるなと想像ができ少し鬱っぽくなってるのでは?と心配していました。

近所の目が気になり本音を書けない

その後その畑で自分のやり方と周りのやり方が違うことの悩みが書き綴られましたが、田舎移住の計画の段階からどのあたりに住んでいるというのは想像できるので意識て調べようと思うと個人が特定されます。

そうすると、狭い田舎に住んでいたらもし近所の誰かがブログを読んだら文句が伝わるのではないかと遠慮をし、本音が書けず、嘘をつくしかなくなってきます。

田舎人間関係に嫌気がさしうつ病になってしまう

相談したくてもできない、書きたくてもかけない、なんだか移住先で孤立している、だけども監視されているみたいだ…そういう精神的な縛りが鬱うつした感情を引き起こし、
うつ
結果、引きこもってしまう

ことにつながり、前向きを演出していたブログも嘘が苦しくて更新できなくなり、フェイドアウトしてしまうといったこともあるのです。ですが経験のない人はうわべの、田舎暮らしは素敵だとか田舎暮らしは最高という言葉だけを汲み取り、そこだけを信じてしまいます。その反応のためにさらに本人は虚像を重ねる。裏では苦しんでいる人もいることは経験者だからこそ見えるものもあり

スポンサーリンク

嘘をつかないといけないのであればいっそのことブログの更新はしないほうが賢明だと思っていますが、ただ、地域おこし協力隊とか新規就農の研修生で街を上げてレポートされていたりすると辞めるわけにもいかず、いいところだけを書き続けないといけない負のスパイラルになって心の病が進行してしまっているといった末路もあります。

仕事でブログを運営するのに嘘は長続きしないしいつかその嘘は精神を崩すことにもつながり、仕事にも支障をきたしてしまいます。ブログってWEBで見えない裏側には様々な心理がありますよね。田舎暮らし情報収集は、まんべんなく、いろんな立場の人の意見を読んでみて、最終的に自分と同じような立場の人に公ではなくこっそり相談すると良いと思います。

仕事でブログを書いてうそをつくと長続きしない理由

も、ブログを使って仕事をする際にお役立てください。自分が楽しく嘘がないのが一番です
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ