田舎暮らし

田舎暮らしをするには田舎移住に普通の感覚を

スポンサーリンク

田舎暮らしをするにあたっていろんな現実問題が生じて実行に移せないこともあります。家族や仕事があるとなかなかうまくいかないなんてことは当たり前に理解できることなのですが、中移住をしたい思いが強いのであれば根本的な基準を現状維持ではなく田舎移住をすることが当たり前という基準に置き換えてみてはいかがでしょうか?

田舎暮らしをするには田舎移住に普通の感覚を

田舎暮らしをするには田舎移住に普通の感覚を
田舎暮らしができない原因について、田舎移住をしたいから田舎移住をする方法を考えるのではなくて田舎移住ができない理由についてを無意識に重要視してしまうことが多いです。

  • 田舎には仕事がない。
  • 家族が田舎に行くことを反対している。
  • 今の仕事を辞めると迷惑がかかる。

などという理由はすごく理解できるのですが…

出来ないことが『普通』と思っているのと田舎暮らしすることが『普通』に計画できる人とでは情報の捉え方や行動、現状の改善などがまったく違ってきます。田舎暮らしを実践した人で同じ状況にあった場合でも

  • 田舎で仕事するには。
  • 家族が田舎暮らしを受け入れてくれるか。
  • 今の職場を退職するには。

と現状の問題を一つ一つ当たり前に解決できる方法を考えることをし、クリアして実行しています。これはすごいことでもなんでもなく『普通』野こととしてやっているので苦労をしたわけではありません。

田舎暮らしを実行するのに難しい、と思っていたらそれは価値観の基準に違いがあり、田舎移住をするための『普通』の感覚が、普通じゃないために壁が高いと思い込んでいるだけで視野や価値観を変えるとスムーズに計画を運ぶことができると思います。

出来ない理由を出して諦めてしまっている段階では、現状維持のほうが実は大事で、変わることのほうがストレスなのかもしれません。ですが、現状に思い悩んでいることがあるのに現状維持に一生懸命になっているのであればそれは良い未来が築けないので田舎暮らしをすることが普通と思える感覚を持つ方が良いですね。

自分一人ではネガティブになってしまうのであれば田舎暮らしを実行している人とお付き合いする、相談することで価値観に変化を持たせることができます。

スポンサーリンク

成功者の『普通』の価値観を知り自分自身の伸びしろを伸ばそう
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ