田舎暮らし

地域活性で地元の特産物の加工品をネット販売する際の注意点

スポンサーリンク

地方の直売所などで農家さんや地域の団体が製造した特産物や農産物の加工品を販売しているのを見かけると思います。農作物を加工して販売することに関して第6次産業とも言います。

個人のフリーマーケットでもあるマルシェなどではクッキーやジャムなどのスイーツが売っているのも見かけることもありますね。誰でも販売できると思っていませんか?

地域活性で地元の特産物の加工品をネット販売する際の注意点

地域活性で地元の特産物の加工品をネット販売する際の注意点

食品加工品の製造販売に関しては、保健所の許可が必要な品目があります。じゅーずやジャム、スイーツ、総菜、漬物などいろいろ手作り加工品がありますが、許可や届出なしに販売してはいけないものもあることを知らない人もいるので要注意です。もちろん自家用に作ることは問題はありません。

営利目的とする場合、加工場の衛生状態や自宅のキッチンと併用していないか、手洗いがどうなっているかなどなど基準などは変更することもありますのでその都度保健所などでお尋ねください。

各自治体の管轄の保健所に確認をしましょう。鮮魚に関しても決まりがあります。

もちろん一般消費者も知らないことでもあるのでフリーマーケットではおいしそうであればお客様からあまり突っ込まれることはないかと思いますが実質ダメな行為をマルシェやフリマに限らずインターネットですることにならないように注意する必要があります。

お米の表示も新米と書いていいのはいつまでなのか?生産者は誰なのか?いろいろ表示することがありますので農林水産省に確認をしてインターネット販売をするようにしてください。

野菜をネットで売ること自体は許可も資格も不要です。

加工品となると縛りが出てきますので要注意です。もしご近所さんでも知らずにやっている人がいれば教えてあげたほうが良いです。みんなが販売しているから…というだけで勝手に判断して自分で調べないのは危険です。

農作物に限らずネットショップで販売してよいものや商品表示に関する注意点は

ネットショップの商品説明文は食品表示薬事法、原材料や産地掲載に注意

スポンサーリンク

も併せてお読みください
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ