田舎暮らし

30代と40代からの独身女性の田舎暮らしの受け入れは?

スポンサーリンク

都会でバリバリ働き自立した女性が、田舎移住をしてスローライフをしたいとお考えの方もいらっしゃいます。芸能人でも女優さんや歌手、タレントさんで30代、40代から田舎移住で仕事がある時だけ東京に行くというスタイルをされていますよね。

芸能人は仕事もお金もあるし、心配事は少ないと思いますが、一般女性で仕事もしながら田舎で暮らすとすると、それなりに悩みや障壁もあります。

30代と40代からの独身女性の田舎暮らしの受け入れは?

30代と40代からの独身女性の田舎暮らしの受け入れは?
結婚している女性で子供もいる家族連れだと大歓迎モードですが、独身女性で30代、40代になると、田舎の人から見ると

  • なんで独身なの?
  • 何しに田舎に来たの?
  • わけありなのでは?

などといった先入観を持たれることもあります。

地域と関わらず、仕事をしたり生活をできるのであればそういったうわさは気にすることはないです。ですが地域に携わる仕事をしたり、雇用されたりする場合には少し距離を置かれることもあります。

30代以降の独身女性は田舎で肩身が狭い!?

自分で仕事をして自分で住んで、地域でする活動なども普通にこなしていると逆に褒められたりすることもありますが、結婚していない、子供を産んでいないのは悪人だと思う人もいるのも事実です。

運動会やPTA行事に子供がいないので疎外感を感じたり、学校行事の不参加や交通安全活動、リサイクルゴミ回収など、子供の親が順番ですることも集落によってはあるので、子供がいない自分だけが役をしていないということで、他の役を押し付けられることもあります。

独身で子供が健康的に産める年齢を超えてしまった女性は、お見合い話も出てこないし、子度が産めないと嫁には要らないと態度で示されたりと都会にいるよりも独身女性という偏見はあります。

自立していて気にしない性格であると全く問題はありません。ちなみに私も最初は色々言われていました…ですが実は地元育ちで仕事もしていなくて独身女性の娘がいるという家庭もあるので、自活していることを褒められることもあります。時代が変わったのですね。

田舎で独身女性で仕事がなくて家業を細々手伝っているという女性もいて将来に不安を抱える親もいます。

20代の独身女性は田舎移住の受け入れが大歓迎される

30代40代の独身女性は自活が大事ですが20代の場合だと、嫁候補、子供を産む候補になるので喜ばれます。こういうことを書くと女性差別だって目くじら立てる人もいますが、私の意思ではなくて現状がそうであるところもあるのでご了承ください。

スポンサーリンク

私も30前後までお見合い話がありました。うちに来てほしい、とか紹介とか…。田舎が好きで畑仕事が好きな女性は重宝されるのです。もちろん結婚後の人間関係のことまではそれぞれですが、20代独身女性の田舎暮らしは過疎化が進む田舎では受け入れが積極的なのです。

嫌な思いをしたかもしれませんが…独身で田舎暮らしをしている私は、快適に暮らしています。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ