田舎暮らし

離婚して田舎に帰った女性が近所を気にして引きこもりに

スポンサーリンク

結婚して都会に暮らし、離婚することになり都会で生活できずに、子連れで田舎の実家に帰る選択をした女性がいました。その女性は隠れるように暮らしているのです。

離婚して田舎に帰った女性が近所を気にして引きこもりに

離婚して田舎に帰った女性が近所を気にして引きこもりに
都会でも田舎でも離婚って今の時代良くある話ですがその集落では世の中の決まった道を外れることをすると、とんでもない問題人間だと決めつけられるようで、親が娘が離婚で帰ってきたということを恥に思い、実家に帰ることを許しませんでした。

親が近所を気にして実家に帰ってくるなとアポートを借りることに

それでも親には愛情があり、退職金などを使って娘のアパートを借り、子供の学費を出し、生活の面倒を見ているようです。ですがその娘は親に恥をかかせた罪悪感に際悩まされ人と会うことを避けて暮らすようになりました。

ですが、狭い田舎なので子供を学校に通わせることで、その子はどこの子だ?と噂は回るので隠し通すこともできません。見つかるのも時間の問題であり、当然見つかったのですが、自分が近所の人と会って直接口を開かない限り噂は噂でとどめることができ自分の精神的負担は減るだろうと考えたのです。

その親は地域の色んなことに口を出す親なのですが周りからちょっと距離を置かれているので誰も直接問いただすことはしません。なので近隣も疑惑だけが膨らみさらにさらに娘が表に出ることはできなくなりました。

離婚して田舎に帰る選択は場所によっては肩身が苦しく、帰りたくても帰れない、でも都会で自活する能力もない、子育ても自分だけでは無理、ということで我慢して婚姻生活を続けている人も昔と変わらず今もいるんだろうなと思います。

こういうとき、田舎は嫌だ、と思うのでしょうね。

スポンサーリンク

離婚して気持ちをリセットするために移住するIターンと離婚してUターンする人とは心理的なものが全く違うなとも感じます。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ