田舎暮らし

田舎の観光ビジネスで間接的な風評被害で仕事が激減するデザイン事務所

スポンサーリンク

田舎の仕事がうまくいかなくなる理由に観光ビジネスの場合は

  • 地震などの自然災害
  • 畜産物の感染症
  • 事故

などによる風評被害で大丈夫な地域でも、危ないと判断されキャンセルが続いたり商品が売れなくなったりします。こういうのは目に見えてわかりやすいのですが、間接的にビジネスがうまくいかなくなることもあるのだなあっと。

田舎の観光ビジネスで間接的な風評被害で仕事が激減するデザイン事務所

inaka
先日、地域の観光パンフレットやイベントポスターなどを外注として受けているデザイン事務所兼印刷屋さんと話をした時に、

自治体関連の仕事だと安定してるんですか?

と聞いたら

いや、良かったんだけどそれがうまくいかなくなってきたんだよね。

と回答があったので理由を聞くと

2年前に自然災害があったときに一気に観光客がいなくなり、それが尾を引いて未だに観光が下火だからパンフレットの制作部数も減ったし、イベントも減ったのでポスターを作ることも失くなってね。

と。そうか…そうか、、、観光ビジネスの衰退で間接的に影響がある業種もあるなと。てっきりうまくいってるようにみえたので驚きました。

その他自治体と仕事をすることとか近隣の業者との関係性とか、仕事を受注するときの問題点などなど、場所は違えど大体似たような問題があることも知り、共通の話題で盛り上がりました。

こういった田舎の自営業の悩みは人には相談しにくく、ネット上では華々しい話題が目立つのでみんなうまくいってるのに自分はうまくいっていないと落ち込みがちです。

とくに個人が特定されるfacebookなどでは、うまくいってること、前向きなこと、を投稿する傾向にあるのでなかなか本音が見えません。ですがそれぞれ田舎で働くということの共通する悩みはあるものだなっと直接話をして感じました。

信頼して仕事の悩みを話せる相手は大事ですね。

ホームページがない農家が作った農作物をネットショップで販売した方法と体験談をお読みいただくと、誰にも言えない農家さんのネットショップ運営の悩みをお持ちの方も共感してくださる方はいるかな~っと思います。

スポンサーリンク

ご近所さんには言えない悩みはお問い合わせよりどうぞ。
netshop
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ