田舎暮らし

田舎暮らしで転職するとき有利な仕事・職種は?

スポンサーリンク

20代から50代で田舎暮らしを計画する際に考えることは仕事です。

多くの方が独立より前に転職で移住先の求人情報を探すと思いますが、田舎で転職するのに有利な仕事や資格についてすでに移住した目線で考えました。

田舎暮らしで転職するとき有利な仕事・職種は?

田舎暮らしで転職するとき有利な仕事・職種は?

都会の仕事での資格を取得されている方もいると思いますが、その資格は田舎では役に立たないこともあります。その理由は

  • その資格を活かせる求人がない
  • その資格を活かせる仕事自体がない
  • すでに地元の人が牛耳っている

などといった理由があります。 例えば、宅地建物取引主任者の資格を持っていても、不動産屋がない自治体もありますし、あっても物件の動きが少なく仕事もないことがあり、田舎ならではの土地の縛りがあり新参者が入り込むことが難しいことも。

大手の住宅メーカーの地方支店などがある市街地へ働きに出るということならあると思います。

本題に入りまして、田舎移住をして転職で役立つ仕事は

医療系 ですね。

  • 医者
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 介護士

などは不足しているところが多いです。 高齢化社会になり介護のほうはかなり人手不足です。看護師さんやお医者さんも、大学などで都会に出たままという関係上、地元では働かずに都会に出てしまっていることも多く若い方が不足していたりします。

医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」

そのため、地方の求人情報では資格があれば採用されやすいですね。やはり手に職でかつ、人の役に立つ職業というのはどこにいても活かせるものだと思いますね、人生の計画を学生の時に戻りやり直すとしたら、医療系に限らずどこにいても活かせる強みを持っておく仕事を選ぶだろうなと思います。

看護師さんの場合、旦那様の転勤で田舎移住のこともあるでしょうし独身女性の田舎暮らしでの仕事先探しにも有利です。

スポンサーリンク

マイナビ看護師≪登録無料≫

もちろん医療系のお仕事は人と人との関わりがある仕事で命を預かる仕事でもあり大変な仕事ではあります。簡単になれる職業ではないし、就労条件も不規則なこともあり、心身ともに負荷がかかる仕事でもあります。

だからこそ尚更、求められる仕事です。学生時代から勉強してきたことが年を重ねても場所を選ばず仕事があり、長くいかせるんだなあと思いますね。

ただ医療系のお仕事についていない人が田舎暮らしで転職は無理かというとそうではありません。ただ、医療系だと田舎移住をしても転職に有利な資格ということです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ