田舎暮らし

田舎の主婦がハンドメイドで作った服を自分で売るには?

スポンサーリンク

田舎の主婦が農業の閑散期を利用して趣味でハンドメイドで衣服を作ったり、カバンや帽子を作ったり、婦人会の行事等で編み物や裁縫をしてアイテムがどんどんたまる、なんてこともあります。

北海道に嫁いだ知人も、冬の農業の閑散期にはアクセサリーを作ってネットで販売して家計の足し&余暇を充実させています。これはアクセサリーだけではなく服でも販売することができますので田舎で冬季に仕事がない方の副業の参考にもしてください

田舎の主婦がハンドメイドで作った服を自分で売るには?


主婦が自分で作った服を販売する方法として

  • フリーマーケットに出店する
  • カフェや雑貨屋で委託販売してもらう
  • ネットショップで販売する

等の方法があります。

フリーマーケットは常時開催しているわけではないので限りがありますが、インターネットショップですと365日24時間寝ている間にも仕事をしている間にも営業し続けてくれるメリットがあります。

閑散期の間に服や雑貨や帽子などを作りだめをし、インターネットショップに並べることでいつでも全国の方に向けてハンドメイド販売できるので農家さんの副業としても非常に良いのではないでしょうか?

ハンドメイド雑貨や衣類を通じてあなたのファンができれば、農家ということを知ってもらえることで自分で作った野菜を売ることもできるという一石二鳥でもあります。


問題はどうやってネット上で認知されるかということ…

自分で作った服を売るには?ハンドメイド販売方法について

スポンサーリンク

を併せてごらんください。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ