田舎暮らし

田舎で自由な暮らしを手にするには移住制度依存から自立すること

スポンサーリンク

今、若い人で田舎移住に憧れる理由に、田舎でやりたいことが具体的にある人とそうでない人がいます。の窓ライフとかフリーエージェントなどといった言葉がはやり始めたころから、『自由な暮らし』に憧れて目指す人が田舎暮らしを選択し

  • 田舎でのんびり暮らしたい
  • 人間関係のいざこざから逃れたい
  • 都会でサラリーマンとして働きたくない

といった、誰かに縛られない自分のペースで暮らせる自由な暮らしを夢見る人もいて、それを目指すこと自体は多くの方が憧れるライフスタイルだし、実践できる人もいるので良いのですが、人間関係のややこしさから逃れたい場合、移住支援制度依存の場合は本当の自由な暮らしは手に入れにくいです。

田舎で自由な暮らしを手にするには移住制度依存から自立すること


移住支援制度は移住に金銭的なメリットや優遇措置があり田舎暮らしを始めるハードルは低いです。ですが制度を利用するということは何かしらの縛りもあるし、自治体によっては広報やホームページに取り上げられることもあり、商売する人はいいですが静かにマイペースで暮らしたい人にとってはかなりのストレスになります。

都会で雑誌に載るとか新聞に載るのとは違ってかなり注目されその注目のされ方も独特で、日常生活を監視されている気持ちになりストレスを感じて近所の人の目に耐えられないから田舎暮らしをやめたいと思う人もいます。

こては経験者にしかわからないし都会にいては絶対に気が付かないし理解できないとは思うのですが、誰にも縛られず暮らしたいのであれば生活すべてを自立する
気持ちで取り組んだ方が良いです。

特に都会でうつ病になって田舎で静かに暮らしたいと考えている人にとって、地域おこし協力隊に応募して面接時には優しい人たちに囲まれてここならやっていけそう、、、と思っても実際に住んでみると違うこともあるので仕事も苦痛になることも。

人間関係を築くことの自信がない方は都会に居ながらにして田舎で自立できる方法を考えておくことが大事です。人間関係をうまく築けない方の特徴として、都会であっても付き合いが深くなるから人間関係がこじれてしまいますよね。相手のことを気にしたり気遣ってしまうから自滅してしまう…。そこで苦しくなるといった悩みを抱える人もいます。

田舎でも同じ、深く付き合わずに近所の人と挨拶や行事ごとのみで付き合い、長く仲良くするために、自活している強みを持つことができれば田舎暮らしは自由で快適なものになると思います。

スポンサーリンク

田舎暮らしや都会暮らしに関わらず自由な暮らしを手にしたいのであれば仕事でも自分でできることを増やしたり人脈を見つけることが大事です。

自分でネットショップを更新出来ないのは自店舗といえない

もあわせてお読みください。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ