田舎暮らし

田舎でやりたい仕事の妄想や夢物語を聞かされウンザリ…

スポンサーリンク

先日、田舎で自分でできる仕事として相談に乗ってほしいといわれ、話を聞いてきたのですが、

・田舎でやりたい仕事
・田舎でやってみたい事

の語りを長時間。結果から先に言うと無駄な時間でした。

田舎でやりたい仕事の妄想や夢物語を聞かされウンザリ…


その女性は、

  • 観光客向けにこういうことをしたい
  • ネットで特産物を売りたい
  • みんなが集まる場所を作りたい

などなど田舎でやりたいことの典型的な要望を語っていて、自分にもそういう部分があるので思いに対する共感はあるのですが、次から次へと夢物語を語り始め、それについてアドバイスをしようとするとまた次の話へ、、、

ととにかく話を聞かず田舎でやりたい事に関する自分の妄想や夢物語を話して自己陶酔で気持ちよくなっているのです。

わかるんです。妄想や理想って描くと楽しいし精神的にも健康になれる。理想など描くことは大事。しかし夢物語を話しても、実践しないとタラレバ論であり、具現化しない、宝くじが当たる妄想をしているのと同じです。

私は相談があると聞いてきているのでその回答をしようと

観光客向けにやりたいことをするには、こういう許可がいるので許可を取ってからの話ですね。許可がないと始めることができませんし、モグリで周りに密告されたら終わりですよ、それであれば堂々とできるように許可をとりましょう

ネットで特産物を売りたいのであれば無料のネットショップがあるんで、写真撮って商品登録しましょう、登録はすぐできますよ

みんなが集まる場所を作るといってもどんな目的でですか?その目的が定まらないと誰を集めるのか?何の仕事をするのか決まりませんよ

など具体的に一個ずつ回答したのですが、どれも実践しようとしなくてまたそれができればの夢物語を言うので
『やりたいことはわかりました。それをするには一個ずつ具体的に進めましょう。話すだけでは形になりません』
とハッキリ言ったんですが

『私だけだとどうしていいかわからないから若い人とか得意な人の意見が聞きたかったの』というだけで結局何もしようとしないのです。やってほしいんでしょうけど無償ですることは絶対しませんし、こういう人は成功しないのは見えているので自分が時間を費やし損するだけです。

ですからアドバイスだけは一応したけど話をして受け取った感じでは、夢物語を話して気持ちよくなっていることにつき合わされただけなんですよ…あ、絶対この人実現できないなっと感じたし、時間がもったいなくてウンザリしました。実践派の私には考えられないのです。

ここで思い出すのがネットショップを自分で持ちたいと言いながら一向に作業を進めない人達のことです。理想や不満を相談してきて、ではこうやって現状を改善してネットを使っていきましょうと伝えても、

スポンサーリンク

その作業はしなくて愚痴や理想を延々と言って1か月経過しても同じ悩みを抱えているのです。言ってしまえば、自分ではしたくないけどやってくれる人がいるなら、やってほしい、というケースと同じだなあっと。

人に依頼するという選択肢はありですが、でもそこをタダでしてもらおうとする魂胆を持つと難しいです。その魂胆に自分で気が付かずに無意識の人もいます。無意識に人がしてくれないかな止まっているタイプです。

うまくいっている人はお金を支払って人を雇ったり外注に出したりしているのでそういう方は自分がやらなくても形になりますが、あわよくば誰かがやってくれたら…というタイプは、自分の中では妄想で成功しているの気持ちがいいだけでとどまり、形にすることまで踏み込むリスクを自分で取りません。

それに対し状に巻けたり責任を感じて自分が背負ってみたりと、巻き込まれないように注意しましょう…。損します。(私は過去にこの人たちの力になれれば…と手がけたりして結局自分以外誰も動かず何回も失敗しました^^;だからこそいうのです…)

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ