田舎暮らし

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜お金を使わない田舎移住

スポンサーリンク

田舎でお金を使わず自給自足で暮らす。そんな生活は田舎に住んでいる人からすると非現実で無謀、しかしこれから田舎暮らしをしたい人は現実に出来ると憧れる。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜お金を使わない田舎移住


ジヌよさらば〜かむろば村へ〜

という松田龍平さんが主人公の映画。松田龍平さんは都会で銀行マン時代に融資課にいたことから様々な経験をし…お金アレルギーという病になり、お金を使わない自給自足の暮らしをしようと東北地方へ移住をする。

100万円で購入した家、水道も電気もガスも携帯もいらないという姿勢に、村長である阿部サダヲさんが舐めるな!と注意するも、、、、

村長さんはおせっかいすぎるくらい人が良く、村のみんなのために頑張っているのでいろいろ巻き込もうとする、変わり者に見える松田龍平さんに対して村民は…そして村に神様が現れ不審者が現れと、また…二階堂ふみさんが困った役で^^;

田舎移住者と田舎の人との価値観が違う所から共存していく暮らしをコメディータッチで描いている映画ならではだから楽しく見ることができました。現実かというとそうではない部分過ぎる村全員のキャラクターの濃さもあり、時折垣間見る田舎移住の現実なども感じながら。

映画の中で印象に残ったフレーズ。

西田敏行さんが阿部サダヲさんのことを

『断れない性格』だといい

『自分を捨てたからだ、自分を捨てた人はどうやって生きる?人のために生きるんだよ』

と言ってたこと。

果たして?お金を使わない自給自足田舎暮らしはできるのでしょうか?

ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜 【Blu-ray】 [ 松田龍平 ]
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このページの先頭へ