田舎暮らし

田舎移住者から見た新規移住者の注意点・見下し編

スポンサーリンク

田舎移住をして10年以上経過し、地域おこし協力隊とか移住支援制度などで自治体と絡むこともなく地道に地域と溶け込むようになった今だからこそ、移住当時の自分への戒めも含め、

新規移住者の注意点的なことや、田舎移住をして良かったこと、田舎移住して嫌なところなども項目に分けて書いていきます。

なぜかというと、、、これから移住する人があまりにも田舎の人を無意識に見下している発言をチラホラ見てしまいまして、ああ、、、その心意気はだめだよ~嫌われるよ~でも自分も移住当初はそうだったのかな?っと思ったことがキッカケです。

田舎移住者から見た新規移住者の注意点・見下し編


田舎は都会と比べるとたしかに劣っている部分やスピードの違い、競争力の低さ、あくせくしていないということから

都会でバリバリ働いていた移住者にとっては物足りなく思うし、『だから地方はだめなんだよ』っと発言しがち。たしかにそういう面もあるのも事実なんだけども

例えば地域おこし協力隊などで地域活性の仕事を任命された場合に、オレがなんとかしてやるぜ!と野望むき出しにしてしまうと地域の方が歴史があってやってきたことに対してもズカズカ土足で踏み込むことになり、

人間関係に関してすごく嫌悪感を抱かれることもあります。移住者のほうが都会で培った分、ビジネスの能力が長けていたとしても都会のルールでは思うようにならないことのほうが多いです。

そして、思っている以上に地域の人は困っていないので話はするけど腰が上がらないという都会のビジネスのスピードやマインドと違う事に対しジレンマを抱えることもあります。

この時に怒っても仕方がないので自分が頑張ってやる気を見せて応援してもらうという方がスムーズになります。ただやりすぎて方向性を間違えたら、『あの人がやってくれるから自分はやらなくていい』ということにもなりかねないのでバランスが大事です。

とにかく見下している感情を表に出さないこと。田舎には田舎のルールが有り、いきなり変化ができないものなので歩み寄る寛大さが必要です。

こういったことは本人は気が付かないもので、数年経過してから実際に経験重ねたり、他人を見て腑に落ちると思います。

スポンサーリンク

老婆心ながら田舎移住のリアルを書いていきます。価値観や環境、携わる人や知識やバックボーンにより変わりますのであくまでも参考程度で事実は自分の足と目で確認して下さい。
移住体験談カテゴリ記事一覧

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ