田舎暮らし

AKB48総選挙ビーチ開催中止と漁師イベントのリスク

スポンサーリンク

アイドルグループ・AKB48の総選挙が6月17日に行われる予定だったのが16日に悪天候の予報『雷注意報』が発令される可能性が高いことにより中止になったとガイダンスされましたね。

それによりイベントのチケット代金は全額返金、JTBオフィシャルツアーの代金は100%返金されると…。さらに屋台の出店者も予定をしていた売上も立たず食材や商品も無駄になり、相当な損害額が見込まれることが話題となりましたが

同じタイミングで海辺で暮らす私の地域で明日開催される漁港でのイベントの魚の朝市の中止の連絡が防災無線で流れました。

AKB48総選挙ビーチ開催中止と漁師イベントのリスク

話をAKB48選抜総選挙に戻すと、過去に開催された福岡での経済効果が約17億8000万、16年の新潟では約24億だったらしいので今回の沖縄に関しても相当な経済効果が見込まれていたけどそれが全部台無しに…

旅行代だけではなく各店舗、そして後方に使ったお金や準備までの労力などすべてが自然環境を理由にお金に換えられなくなってしまいます。予定していたコンサートは中止となり、開票イベントは「無観客」状態で行うことになるので選挙自体は中止ではないのでお間違いなく…

で、話を引き戻すと。

漁師イベントの朝市が中止になった理由は海が荒れて魚の漁に出れないから魚の準備ができないからなのですが、それまでに使った広告費や人件費、見込んでいた収益が得られないことにより赤字になってしまうということ。

誰かの失敗でも不祥事でもなく自然現象による中止になるリスクが第一次産業にはありがちなのです。かと言って悲観して第一次産業の仕事をやめておけということではないけども、そういうリスクがある分、収入の不安定があることを予想して

稼げる時に稼ぎ蓄えておくことや生活が破綻しないように漁師という仕事や農業という仕事、マリンスポーツやウインタースポーツに携わる仕事やお店の運営を考えないといけないということです。雪がふらなければスキー客がこない、するとロッジの飲食や宿泊客がこない、

海が荒れるとマリンスポーツができなくてお客さんがこない、予約をキャンセルすることになるというリスクが有るのです。特にわざわざ宿泊しに来ているのにできないとなると無理にでも決行してほしいと言われてそれをなだめることも大変で…

代替イベントを用意するとか納得してもらうなどと言った対策が必要になってくる上に自分の生活の安定を図ることも考えないといけなくなるので経験者にしっかりアドバイスを貰うなどをしたほうが良いです。

スポンサーリンク

たいてい経験者は新三者にやめておけっというものですが(子供を後継ぎにさせていないところは特に)それでもできる兆しを見つけ出しながら挑戦するのも新しい田舎での仕事のやり方でもあります。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ