田舎暮らし

野菜の高騰で宅配野菜に出荷している農家さんの単価はどうなる?

スポンサーリンク

去年の悪天候により野菜が高騰していて、飲食業や家計に打撃というニュースをよく見るけど、その前に農家さん自体も打撃を受けていることを忘れないようにしたい。

野菜不足での口頭で同情されるのは飲食業や個人消費者でなぜか農家さんは安くしてくれない、農家が高く売っていると勘違いされて悪者になりがち…

野菜の高騰で宅配野菜に出荷している農家さんの単価はどうなる?

個人的に心配なのが、契約で宅配野菜などの業者に出荷している農家さん。

このような事態の場合、年契約でお客さんに対し急に単価を上げることは難しい、かと言って販売業者が全部かぶるかというとそうすると赤字になる。だから、結局、痛み分けということでかぶるのは生産者のこともあるだろう、、契約内容がわからないけど。

自分も製造業をしているときに石油の価格が高騰することで材料が高くなったときに奏者の人に値上げ要請をしたけど汲んでくれないことがあった。なので企業努力で生産コストを下げることをさらに考えても限界があり利幅がなくなり赤字で作らざるを得なくなったことも経験しているので

どうしても価格高騰などのニュースを見ると勝手に生産者のことがどうなっているのか?を考えてしまう。水不足で野菜ができないと高いと文句を言い、かといって雨が降ったら文句を言い…と言った人間都合だけで文句をいう人たちにはわかり得ないことかもしれない。

この度野菜が高騰していると言うけど農家さんは市場でも高い金額で出荷できているのだろうか?もちろんお好み焼き屋さんとかバイキングレストランなども気の毒だし、なにより足りなくて用意できないことも問題。

やはり消費者が理解する駅なのかなと思うけど家計に限りがある場合には文句をいうことしかできなくなり今は豆苗やもやしなどがびっくりするほど売れていて生産が間に合っていないようだ。かといって工場を拡大することも危険で…

自然とに左右される第一次産業や第六次産業はバランスが大変だなあっと改めて思う。

うなぎも不足しているため高騰で養殖うなぎの量が消費量の平均数に全く足りず土用の丑のときにうなぎが足りない自体になりそうだという。これも養殖の量を増やせばと短絡的な意見もあるけど、うなぎの餌になるサメの卵が足りなくて増やせないらしい。

これを帳尻合わすために代替えの餌などにしていくことでまた食の在り方が変わっていくんだろうなあ。最近では食パンが安くなったとは言え本当に美味しくないし焼いてすぐに固くなる。原材料が変わってるんだろうなあ。

スポンサーリンク

やっぱり自分でつくれる、自分で売れると言うのは強いと思う。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ