田舎暮らし

人脈も顧客もない田舎移住の農業自営で収入を得るには?

スポンサーリンク

田舎暮らしで農業をしたいという方はいまだに多く、特に、ある程度都会でサラリーマンをした人で農業にチャレンジしたいと、何かしらのキッカケや理由があり脱サラ農業を目指す相談で、一番心配とされているのが農業で食べていけるかということ。

田舎移住で農業をはじめて自営で収入を得るには?


農家に勤める、農業企業に就職する、といった給料での雇用制ではなく、独立して農業をするとなると毎月必要な生活費は最低限自分で自分で稼がないといけません。給料制だと売上や利益に関係なく給料が保証されますが、自営となると農業に限らず、利益を自分で出す必要があります。

収穫時期や農作物によりますが毎月コンスタントにいくら収入があるというよりは繁忙期に一気に年間分を稼いでやりくりするスタイルが多いと思います。ですので自然災害や天候により翌年の経費や生活費が左右されることになりとても緊張感の必要な仕事でもあります。

それで生計を立てている人は本当に尊敬するし、立派だなと自営業の自分としても心の底から思います。

今まで何度も販路開拓とか顧客獲得とか書いてきたし、多くの農家さんやコンサルタントもいうのでご存知かと思いますが、作りながら新規開拓するのはなかなか難しく、土地勘も人脈もないならなおさらですよね。

最初はインカのイベントに参加して参加者同士の人脈を作る、知名度を上げる、そこから口コミしてもらう、などの手順もあると良いです。フリマやイベントだけでは利益が上がりませんが、上手に活用して顧客獲得をしましょう

脱サラして新規就農をする方に向けての5記事

  1. 野菜など農作物を自分で売りたい方のみご覧ください
  2. 野菜・農作物直売所で売れる野菜と出品リサーチ方法
  3. 野菜・農作物直売所で更に儲かるための方法・リピート客を獲得しよう
  4. フリマやマルシェを活用し農作物を直売して儲ける方法
  5. フリマやマルシェで売れる・お客様に選んでもらうポイント

特に田舎の場合、人付き合いにより助けられることもよくあります。イベントなどで知り合いが増えることでお店のオーナーを紹介してくれたり、閑散期のアルバイトを紹介してくれたりと、何かしら、暮らしていくのに助かる物々交換や情報交換が出来ます。

スポンサーリンク

ただ、その中で注意しないといけないのがボランティアで自分の首を絞める事…。ボランティアばかりして心が潰されないようにお気をつけください。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ