田舎暮らし

田舎の冬仕事の収益増減・田舎の商売は辞めた方がいい?

スポンサーリンク

ここのところ日本海側は大雪に見舞われ大変な被害をもたらしています。先月は都心部でも雪が降り、交通麻痺による被害も多数。

田舎の仕事は特に農業や観光、製造業などが多いため、自然との関わりで収入が増減する。

田舎の冬仕事の収益増減


冬、農業や漁業、林業などの第一次産業は例年以上の雪や低音などにより生育が悪かったり海の状況が悪化したり山に入れない日が続く、などで仕事が出来ない日や収穫できないこともありマイナスになるリスクが多くなり、

観光も同じく、客足が減ることにより宿泊代だけではなく、その地のお土産や交通費などお金を落としてくれる産業の収益が激減。

都心部で比較的安定している奇行での商売よりも計画が立てにくく、かといって補填してもらえることも少ないので自己責任で年間を通じて収入を確保してバランスを取らないといけません。

観光客だけでなく地元の方を集客の対象にしているカフェも雪が沢山降りすぎてオープンできない、警報に付きお店を開けることが出来ない、などと言った問題も…。

ネットショップという手があるけども、トラックが走らないとお客様に届けることが出来ない問題もあります。

かとって雪がふらない場合にはスキー場などのリゾートが大打撃。

ほどほど、、、というバランスを自然に神頼みするしか無く、それに対応する精神力や財力を人間が保たなければなりません。

田舎の商売は辞めた方がいい?

こういうことを言うと悲観的に思われるかもしれないけど、昔から地方ではそういう対応をしながら暮らしているので出来ないことではなく、出来るようになる必要があるということを伝えたいだけであり決して田舎で商売をするのをやめとけというわけではありません。

ただ人口の現象や物価の変化、価値の変化により昔と同じことをしてもうまくいかない商売もあります。高度成長期のように作れば売れるというわけでもないし…。お店もたくさんあるので商売すれば儲かると言った単純なことでもないので工夫が必要です。

田舎の商売の成功体験談などを見てもそれがいつの時期か?場所はどこか?などにより全く結果が違ってきますので自分が住む場所で、かつ今に見合ったことをやっていかねばならず、新参者では先が見えずに諦めそうになることも。でも温故知新で色んなヒントが見えてくると思います。

ただ、それ一本でどうしても仕事がうまく行きそうにない、なんてときはオンラインビジネスも取り入れるのも方法の一つ。

もしあなたが今の仕事以外に
新しい収入源が欲しいなら
この新刊本がお役に立つでしょう。

こちら


「我々は知識経済へと移行している」

これはピーター・ドラッカーの言葉です。

これは、肉体労働よりも知識に対価が
支払われる時代ということです。

スポンサーリンク

つまり、人々は何をするかよりも、
何を知っているかに対して
多くのお金を払っています。

事実、ほとんどの先進国で、
主要な労働形態は肉体労働から
知識労働に取って代わっています。

今では大半の人が「知識労働者」であり
手よりも頭を使って働いているのです。

もしあなたがこのトレンドに乗りたいなら、
これから紹介するビジネスは
大きなチャンスになるでしょう。

⇒ 詳しくはこちら

PS.
今なら新刊リリースを記念して
無料で申し込めます。


「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ