田舎暮らし

インターネットを使って農業 転職を成功させるためには

スポンサーリンク

生産者の販路の開拓と、農業 起業

私の趣味でもあり、夢でもある

有機野菜生産。

家庭菜園したくて
庭付きの古民家に越した私は、
農業のみで収入を得るのは
難しいと痛感しています。

なので、農業は本業ではありません。
といいますかできません。

特に 脱サラ 農業をされたい方などは

販路開拓の手段をしらず、
失敗してやめてしまう方もいます。
農業の年収、を時給に換算したことがありますか?

毎日毎日畑に出て作業して、虫から守り、
天気に左右され、不作の時もお金にならず
豊作の時は単価が下がる。
出荷する際に厳しい品質基準を強いられ

やっと通過したものだけが
きれいにパックをして、
スーパーなどに陳列されます

虫食いがあったほうが
安全で美味しいことは知っています。

しかし、それでも消費者さんは
見栄えの良い野菜を選びます。

その販売できない作物を損益に入れると…

恐ろしい低単価の時給になりますよね

そのような悩みを持つ農家さんに、
私に任せてもらえませんか?

っと持ちかけた時、
ネット販売は怖い!っと半信半疑でしたが
なんとか信用していただき、
産直野菜 果物の販売をしましたところ

市場に卸す価格よりも高い利益率で
販売しましたので大変喜んでいただけました。

私はもともとは職人です、
生産者さんというのは
パソコンを嫌う傾向があります。
手作りのものはアナログの世界で
何とかしたいと思うのですよね。

しかし、卸先の市場でも
アナタが作った野菜を
インターネットで販売してるのですよ。

それを、直売、
もしくは委託販売できるとどうでしょう。

形のいびつな野菜も販売できます。

白ネギの白い部分が30cmしか無いと店頭に並べることが出来ない

などという悲しい思いをせず、ちょっと傷がある果物もワケありで販売してしまえば

破棄することはありませんよね。近所にタダで配る必要もありません。

話が長くなりそうなので、
ストレートに申し上げますが
インターネットビジネスは可能性があります。

有機野菜をどうしても丁寧に作りたい
でもそれだと食べていけない。

では農業に変わる副収入があればどうですか?
お金の心配をせずに趣味で自分たちが食べる分の
有機野菜を作り生活することも可能です

そして知識が付けば
野菜を直売できるスキルが身につきます。

スポンサーリンク

更にいうと、田舎で農業ではなくカフェなどを開きたい人も
集客を学ぶことや、人口の少ない街で売上が心配な場合、
インターネットで副収入を得ることもできるのです。

生活に必要な収入の壁にあたり夢を諦めている方、
固定観念を捨てて
一度その世界を覗いてみてはいかがでしょうか

農作物のネット販売や直売に関するブログ記事一覧

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ