スポンサーリンク

仕事でブログを運営するにあたって、

・ブログからどうやって集客するのか?
・ブログからどうやって仕事につなげるのか?

と模索しながらただただ書くことが大事と記事を書き重ねたりライティングツールを使ったり他人の記事をコピーしてリライトしたりしても、一向に成果が出ない、なんて悩んでいる方もいますが、正直なところ、気持ちの入っていない無理して書いた記事や、機械的に楽して書いた記事というのは、内容が薄いのでどんどん淘汰されてしまいます。

ブログ記事は質が大事で質が良いとSEO的にも上がるし、読み手の心もつかむことができます。結果そういった記事でないと仕事として長く生き残れないということを心がけましょう。

集客ブログ記事の質を上げるための3つの心構え

集客ブログ記事の質を上げるための3つの心構え

1.集中して自分の言葉と意志で書く

集中する。と聞くと、堅苦しいと思うかもしれませんが、ブログを仕事で使うということは『文字で接客』するということなので、真摯に向き合う必要があります。これはくそ真面目になれというのではなく

実店舗で置き換えても渋谷の若いオシャレなファッションショップだとしたらフランクなイメージで接客が成り立つこともあるし、先生っぽい、友達っぽい、カリスマっぽい、面白い、などなどいろんなパターンがあると思います。

それと同様、お客様に自分の言葉でしっかりと責任をもって接客するということが大事です。

2.読む人がいることを意識する

1と通じることでもありますが、仕事のブログは『読むお客様がいる』ということです。個人の日記でボヤキ的なものとは違い、お客様がいることを意識して、喜んでもらえる記事や役に立つ記事、感動する記事、面白い記事、とご自身のメディアを好んでくるお客様や必要としているお客様に向けて書くという心がけが大事です。

当然、個人ブログで自分の思いのままに書いていることで思いもよらないファンができることもあります(私も経験あります)が仕事として意識しているのとしていないのとではそもそも集まるお客様も変わってきます。

3.お金に代わる価値があるかを考えてみる

これはお金を稼ぐためにブログを書く、という視点ではなく、読んだ人が価値を感じている、信頼している、役に立ったからこそお金を支払ってくれている、という意識ができるかどうかです。金銭の授受の発生の有無だけではなく、意識の問題です。

スポンサーリンク

適当に記事を重ねて中身のないことをたくさん投げても全く反応がないのです。捨て記事と言ってしまってもよいです。しかし、1記事ずつ丁寧に書くことにより、その記事が長くWEB上で資産になっていきます。

人と同じく取ってつけたような薄っぺらい意見を言う人って信用できないですよね?相談に乗ってるふりして全然聞いてなくて何かを売りつけるセールスマン、って信用できないと思います。ネットでも同じということです。

ブログを更新する際の心構えのまとめ

堅苦しく意識しすぎるのも逆効果で、本人が楽しく、納得して、満足のいく記事が書けることがベストな運営方法です。結局のところ、苦しみながらブログを更新するのは文字に気持ちが表れてしまい今までの優良な読者さんも違和感を感じます。

ブログ更新に疲れたら、例えば毎日更新すると決めていた場合、ルールを破ってでも更新を休憩して外の風に触れたり、本を読んだり音楽を聴いたり知人と会話をすることで頭をデトックスし、新しい風を入れるなどリフレッシュしたほうが良い記事が浮かんできます。
※ただしそのままフェイドアウトしないように注意が必要です。


※パスワードが必要な記事はメルマガ無料会員限定公開となっております。
wakaba3_1はじめに読む記事⇒講座目次はこちら
wakaba3_1田舎の仕事でブログを使うとなぜ良いか?5つの活用方法
>お問い合わせはこちら<
↓この記事がお役に立てばクリック応援お願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


スポンサーリンク