ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

ネットショップ比較・無料ネットショップからショッピングモールまで

目安時間:約 8分

これからネットショップを開業するのに必要なのはお客様がお買い物ができるショッピングカートです。わかりやすくいうと、ショーケースとレジですね。

 

ネットショップのシステムはたくさんあるので何が良いのかわからない、どこでどう出店すればよいのか比較している方も多いです。

 

・出来る限りコストをかけたくない
・簡単にできるほうが良い
・売れるネットショップを作りたい

 

などといった要望がありますね。このページではネットショップの比較と資料請求ができるページをご案内します。

スポンサーリンク

ネットショップ比較・無料ネットショップからショッピングモールまで

  • 楽天市場

集客力が抜群なのは楽天市場です。イベントもたくさん開催されるのでお客様の購買意欲を即す広告などは楽天市場がしてくれます。しかし、ライバル店舗も押いので価格競争、オープンしただけではほかに埋もれて上位表示が困難、売れなくても月額基本料がかかるという負担が発生します。

 

私自身も楽天市場で出店していましたのでメリットもデメリットも知っています。楽天市場は商材や利幅、集客方法によっては良いモールです。資料請求が無料でできますので情報収集をしておくことをお勧めします。


  • ヤフーショッピング

ヤフーショッピングは以前は有料でしたが今は個人でも法人でも無料でシステムが使えるプランもあります。(2017年1月現在・のちに変更することもあり)私自身もこちらでも出店したいクライアントさんのショップ作成代行をした経験はありますが、お店の形を作るにはHTMLの知識は必要です。無料ではサポートに限りがあるので自力でする必要があります。

  • Amazon

Amazonは楽天市場と比べてシステム料は安いです。メーカー品で型番商品・JANコードなどがある場合は向いていますが、個人のオリジナル商品に関しては難しいです。

 

Amazonと楽天市場はお客様の商品の探し方やページの見せ方が違いますので、同じ商品でも楽天では売れるけどAmazonでは売れない、ということもありますがシステム的にAmazonは初心者でも出品しやすい仕様になっています。

料金プランを選ぶことで機能も選べます。初心者の頃にはなんの機能が良いか、必要かがわからないと思うのでまずは複雑な機能を無しにしたコストを抑えるプランから始めると最初の経費を抑えることができます。

 

無料お試し期間があるのでまずは無料でどんなシステムか覗いてみると覚えや必要か必要でないかの判断が早くなります。


カラーミーショップは初心者でも簡単にネットショップを作成できるショッピングカートサービスです。 携帯にはもちろんiPhone、アンドロイドなどのスマートフォンにも対応済みでお客様の利便性も高いです。

 

私も以前出品しておりましたがSEO対策などに関しての設定もきちんと整っていることやマニュアルが動画で開設されているのでショップ構築もしやすいです。更にFacebookにも商品を掲載することができるFacebookアプリもあり、これだけ多様な販売方法に対応しているにもかかわらず月額たったの875円~!(2017.1現在)

無料お試し期間も30日とたっぷりなので、30日の間に触ってみて判断することができるのでコスト面での負担もなく安心してスタートできます。カラーミーショップのお申し込みはこちらから。


ショップサーブは利用料はかかりますがその分、売れるネットショップに必要な機能、回遊や購入フローを考えぬいたCMSなど、蓄積したデータに基づく”売れる”ための観点から設計されています。月商1,000万円以上を目指すならショップサーブと言われておりカスタマーサポートは無料で何度も利用できますのでわからないことがあると心強いです。

 

セミナーなどもあるので同志と共に成長しやすい環境がありますね。


BASE
は文字通り、本当に簡単にネットショップを無料で始めることができます。月額利用料も不要なので、農業のように季節のものを取り扱っていたり、個人でハンドメイド品を作って売れた時だけ決済手数料や事務手数料が必要なだけですので作れないときには出品しないときなど、閑散期の固定費が不要なので安心です。

 

私もBASEでネットショップを運営しています。お店のアドレスさえ決めればすぐに作成することができますので、お試しにこのままご登録してみてください。無料なので失敗しても痛手は大きくありません。始めないと進まないし読んでいるだけでは理解ができないので練習として実際始めるのにも最適です。


 

BASEに関しては簡単にお店は作れますが集客は自分でする必要があります。そういった方法に関してはメールマガジンでもお教えしています。不安な方はメールマガジンも併せてご登録ください。

  • メルカリ・ヤフオク・ミンネ

個人の商品をオークションに出したりフリーマーケットに出したい場合にはメルカリやヤフオクを利用することが多いです。その他、ハンドメイド品など主婦が副業でネットで商品を売る時にも利用されています。

 

ネットショップは出品物によって向き不向きがある

ネットショップは扱う商品や価格帯、販売方法や集客してくる場所により、向いているシステムが変わってきます。楽天市場が向いている商品、無料ネットショップBASEだけで十分問題ない商品、利益と経費を計算してどれが見合っているか考える必要があります。

 

まずは上記の無料登録やお試しができるものを使ってみて比較をし、資料請求もしてみましょう。実際に手を動かしてやってみないと何が良いのか悪いのかのイメージもつかないので、金銭的負担がない状態から真剣に吸収することをお勧めします。

 

私自身、アマゾン・楽天・カラーミーショップ・ヤフーショッピング・BASEと出店したりショップ作成代行をしてきましたが、同じ商品でもヤフーでは売れるのに、アマゾンでは売れないとか、無料ネットショップのBASEで値段を高くしても売れるんだとかいろんな経験を重ねています。

 

実際に上記のショップ登録をしてみたうえで、お悩みなどメールマガジンよりお問い合わせください。沢山あるので整理がつかない場合はBASEに登録と楽天の資料請求だけでも済ませておきましょう。

 

 

ネットショップの資料請求やお試し無料登録をしたらすぐに実践に移りましょう。手を動かせずにいるといつまでも悩みが解決できないまま時間だけが過ぎていきます。実践することで何がわからないか、という具体的な質問事項が出てきますので前に進むことができます。メールマガジン講座もあわせてどうぞ

スポンサーリンク

kouza
kouza2
noukashop2

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
kouza4
ネットショップ初級講座
利益アップ&集客方法
ネットショップ運営の質問集
執筆者情報

執筆者:KYOKO

2006年より直売出来るようになろう、そのためにはネット販売が必要だと感じ、パソコンの電源の切り方すらわからない状態でスタート。
あれから11年…ネットショップ運営やコンサルティング経験で得たことなどの実例をもとにわかりやすく解説していきます。

netshop

ネットショップ運営の基礎は共通しますが重要部分は個人の商材やコンセプトにより方法が異なってきます。ネットで答えが探せないお悩みは直接ご相談ください。

kouza3
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

楽天市場出店資料請求
無料ショップ開設なら「BASE」
最近の投稿

ページの先頭へ