ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

自分で作った陶芸品を売るには?ハンドメイドネット販売方法

目安時間:約 4分

これから陶芸作家さんになりたいや、陶芸教室に通って趣味で陶芸品を制作されている方で、販路がなくて自分で陶器を販売したい、とお考えの方もいらっしゃいます。

 

今回はお皿や器、マグカップや湯飲み、花瓶などハンドメイド作品を販売する方法について記載します。

スポンサーリンク

自分で作った陶芸品を売るには?ハンドメイドネット販売方法


代々続く窯元で販路がある方や知名度が高い場合は販路開拓に悩みを持たないのですが、趣味で陶芸を始めたりこれから独立して陶器を作って販売したい場合にはブログを使ってインターネットで直売することをお勧めしますが、何点か陶芸品の販売方法を上げます。

    • 陶器をお土産屋さんなどに売り込みに行く

地域の特産品として取り扱いしていただけるのであれば道の駅やお土産屋さん、観光スポットの売店などにおいてもらう交渉をしましょう。その際地域色が伝わる作品のほうが良いです。

    • カップやお皿をカフェで使ってもらう、委託販売してもらう

カフェなどの飲食店で使ってもらいお店のレジ横などで委託販売をしてもらうこともできます。実際に、今は田舎移住をしてカフェを開業している方も増え、地元の窯元のお皿やマグカップを使っているカフェもあり、展示販売されています。

 

地元ではなくても、ネットを通じて気に入っていただいたカフェオーナーさんに使っていただき委託販売をお願いすることもできます。

    • フリーマーケットに出店する

フリーマーケットやハンドメイドイベントに出店をし、自分で作った陶器を販売することができます。そこでDMチラシなどを準備しネットショップやギャラリーのアドレスを書いておくことでイベント後にも購入していただけるきっかけにもなります。

    • ギャラリーを持つ・お店を借りる・陶芸教室を開く

ギャラリーを借りたりギャラリーをもって展示販売をする、これがオーソドックスなやり方ではありますが、コストがかかる、集客が自力でできるか?という問題もクリアしないといけません。陶芸教室を開いて陶芸をお教えしながら作品を販売することもできます。

    • オークションに出品・ネットショップを出店する

ギャラリーを持つコストを考えるとインターネットが非常に便利です。家賃、人件費などを考えるとインターネットは365日24次か無休で展示してくれます。手触りなどを伝えることは難しいですが動画や写真、言葉を使ってネットショップで販売しましょう。

 

ネットショップは無料で作れます。



無料ネットショップ開業「BASE」

集客に関してはネットショップだけでは弱いので、ブログを使って日々の陶芸活動や作品への思い、作品ができるまで、などを記載していくことが営業マンの役割をしてくれますしファン作りに役立ちます。さらに陶芸教室やギャラリーに足を運んでくれるきっかけにもなります。

2017年にオープンしたハンドメイド作品のオンラインマーケットもできました。
35万人のユーザーさんに自分のハンドメイド作品を公開できる、【ココナラハンドメイド】




当サイトのメールマガジン講座ではブログとネットショップの運営ノウハウをお教えしています。ぜひご登録いただきお役立てください。

スポンサーリンク

kouza
kouza2
noukashop2

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
kouza4
ネットショップ初級講座
利益アップ&集客方法
ネットショップ運営の質問集
執筆者情報

執筆者:KYOKO

2006年より直売出来るようになろう、そのためにはネット販売が必要だと感じ、パソコンの電源の切り方すらわからない状態でスタート。
あれから11年…ネットショップ運営やコンサルティング経験で得たことなどの実例をもとにわかりやすく解説していきます。

netshop

ネットショップ運営の基礎は共通しますが重要部分は個人の商材やコンセプトにより方法が異なってきます。ネットで答えが探せないお悩みは直接ご相談ください。

kouza3
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

楽天市場出店資料請求
無料ショップ開設なら「BASE」
最近の投稿

ページの先頭へ