ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

ネットショップの悩み・自分の商品が売れないのはお客様を察していないから

目安時間:約 4分

ネットショップを運営していると思うように売れない時期があります。

 

オープン当初は仕方ないとわかりますがしばらく運営していても全く売れず

 

なんで売れないの?

 

と頭を抱えるほど思い悩んでしまいます。

スポンサーリンク

ネットショップの悩み・自分の商品が売れないのはお客様を察していないから

その時に売れない理由で

 

  • もう飽和している
  • 安売りには勝てない
  • 大手には勝てない

 

などといった理由を並べますが

 

では来てくださったお客様が買わないのはなぜか?

 

と問うとまた上記のように

 

  • もう飽和している
  • 安売りには勝てない
  • 大手には勝てない

などといった言い分が出てくると思います。

 

では…来てくださったお客様が何が欲しかったか?ということまで考えていますか?

 

何を求めて何が知りたくて何が買いたかったか。

 

こういうリサーチや分析をせずに売れない売れないと悩んでしまう方が多いです。安売りや大手さんを好まない人もいますし個人から買いたい人もいます。ですのでどんな方に来ていただきたいか、どんな方が来ているかを察して、お客様が訪問した際に必ずすることは

『お客様の立場になって考える』

 

『売りつけるのではなく買っていただく』

 

ことです。お客様の立場にたてば自ずと改善方法が見えます。決してお客様は神様です…っと店舗側がお客様に合わせて無理をするというのではなく、あくまでもお客様とお店がマッチングするように

 

  • お客様が知りたいことに応える
  • お客様の悩みを解決する
  • お客様の不安を取り除く

 

など自分の商品をゴリ押しするのではなくお客様に必要性を感じていただき納得されることで自然と購買につながります。自分の意思とお客様の意思は違います。

 

わかりやすく例を挙げると作り手はどうしても商品のスペックを語りたがります。さほどお客様には重要ではない製造工程のことやうんちくなども…。ときにはプロらしく、っと専門用語を使っていることも…。でもお客様はそれよりも

 

  • これを買ったらどうなるのか?
  • 自分の要望が満たされるか?

 

というところが重要なのです。

 

難しい言葉や自分たちの腕自慢だけではなく、相手の気持を察することが大事です。これは実店舗でもネットでも同じで、一方的な店員がいると店を出たくなりますよね。ネットだとお客様の声も顔も見えません。ですので、お客様を知るためにはアクセス解析とリサーチ。そして検証と修正です。

 

アクセス解析するにはまずはページを作らないと進みません。ページがないとデータが問えないのです。もちろん最初から100%完璧なページは作れませんから改善するスキルも身につける必要がありますがその改善するスキルはアクセス解析などから読み解いていきます。

kouza
kouza2
noukashop2

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ネットショップ初級講座
利益アップ&集客方法
ネットショップ運営の質問集
執筆者情報

執筆者:KYOKO

2006年より直売出来るようになろう、そのためにはネット販売が必要だと感じ、パソコンの電源の切り方すらわからない状態でスタート。
あれから11年…ネットショップ運営やコンサルティング経験で得たことなどの実例をもとにわかりやすく解説していきます。

netshop

ネットショップ運営の基礎は共通しますが重要部分は個人の商材やコンセプトにより方法が異なってきます。ネットで答えが探せないお悩みは直接ご相談ください。

kouza3
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

楽天市場出店資料請求
無料ショップ開設なら「BASE」
最近の投稿

ページの先頭へ