上場企業を辞めた会社員の告白

農家さんの野菜を代行販売したい・生産者との取引方法は?

目安時間:約 4分

野菜やお米を販売したい、販売方法を勉強している人で

 

・親が作った野菜を販売したい
・祖母や祖父が作った野菜を販売したい
・地域の農作物を販売したい

 

というようなもともと売る野菜やお米があって販売方法を模索しているとの違い、

 

人脈がないけど農家さんの代行販売のネットショップを作りたい、どうすれば?という相談です。

スポンサーリンク

農家さんの野菜を代行販売したい・生産者との取引方法は?


人脈がない場合に農家さんと取引するにはまずは信頼関係が必要ですね。

 

見ず知らずの人にあなたが作った野菜やお米を販売しますよ

 

といわれても疑わしく思われて当然です…

特に田舎で人と人とのつながりを重視してきた方にとって『よそ者』は『騙す』というイメージを持つ方も多く、知らない人と取引をするのに頭から拒否するという習性が根付いていることもあります。

実際に私も農家さんの生産物を代行販売するネットショップを作ったときに農家さんと取引するのにかなりの冷たい風を浴びました。

 

  • お前だけが儲けようとしている
  • 信用できない
  • うちにうまみがない

 

などと…。

 

今まで出荷していた農作物の啖呵よりも高く買い取って、ネット集客も発想もクレーム対応もするという条件で、まあいえば今までが農協や市場に卸していた取引先が私になっただけなのですが、説明しても頭からもう信用していないというか私が儲けるために利用していると思われるフシもありました。

 

そうじゃないと説明しても、お前だけが儲かってうちにうまみがない とまで…。

 

あとから思いますがやはり、まずは信頼関係かなと。

 

なので人脈がない場合の生産者開拓には

  • ブログを書いていてネットに抵抗がない農家さんを探す
  • ブログやツイッターなどで親しくなり問い合わせる
  • あなたのことが信頼できるブログやホームページを見せる

 

ということかなと思います。

自分が逆の立場なら新規取引するのに不安もあると思います。なので信頼できる名刺や履歴書代わりにホームページを持つ。そしてネットに理解がある農家さんから始めていく。これがスムーズだと思います。

 

ネットに疎い方だと、イメージが湧かないので人脈がない状態で説明しても聞いてもらうことが難しいです。ですからコツコツ信頼を築いていく、誠意や思いをみせる機会を設けることも大事ですね。

 

どんな仕事でも仕事を取るのに営業が必要で、農家ということではなく他の業種でも代行販売するには信頼が必要でかつ、実際に人脈がなくても開拓していく人がいるので不可能ではないこと、特別ではないこと、そう思って取り組んでいきましょう。

↓援農で週末農業をしながらネット代行販売についても記載があります。


農家さんになって自分で販路開拓をしたい、ネット販売をしたいとお考えの方は、ブログ記事下のネットショップ比較などを参考にしてください。

kouza
kouza2
noukashop2

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿

ページの先頭へ