有機野菜販売方法と表示

有機野菜と表示をして販売するには?

野菜を自分で売る際に必要な資格や届出について

有機野菜を栽培していて、他の野菜とは違う価値を持ち、高級感や安心感のある野菜で販売したいと考えた場合に、

 

有機野菜として表示するために必要な審査について記載します。

 

有機野菜を栽培していていざネット販売で直売しようと計画中の方は確認してください。

 

有機野菜を作っていてもJAS認証がなければ有機野菜として表示して販売することはできません

実際に有機野菜を作っている人には気の毒なことのですが、有機JASマークがない農産物や農産物加工食品に、オーガニック・有機などの表示、もしくは誤解するような紛らわしい表示は法律で禁止されていましてそれを破ると50万円以下の罰金が課せられます(法の改正の恐れもあるので直接確認してください)

 

有機JASマークとは

有機JAS企画で定められた基準を満たした農作物で、化学的に合成された肥料および農薬の使用を使わないことを基本として播種または植え付け前2年以上(多年生産物の場合は、最初の収穫前3年以上)の間、堆肥等による土作りを行った圃場において生産された農作物で

 

多年生作物は過去3年間以上、野菜や米なら過去2年間以上、害虫を予防するのに農薬を使わないこと、混入、飛散しない農地で作られた農産物のことを指し、その基準を満たした農作物に対し、オーガニック審査員による検査を受けて認定機関から有機認定を取得したものにのみ表示出来るマークです。

有機JASの認証を受ける方法とは

 

農林水産大臣に認証された登録認定機関に書類と実地の審査を受け、生産管理の記録の作成をきちんとしているかの確認を得て認定されます。さらに言うと一度認定されたら終わりではなく認定後にも年に1回は調査が行われるうえに、その都度調査費用が掛かるのでかなりの金額の負担になります。

 

この調査の手間や費用を考えて、有機で作っていても、有機と表示せずに販売している農家さんもいます。審査料などを野菜に上乗せしないといけないので野菜の単価がさらに高くなることをネックに思うからです。

 

ブログに栽培方法を説明することに関しては規制の対象外になっていますので、商品名に記載せずに、消費者さんに伝える手段をとっています。

 

有機野菜としてASの認証を受ける方法に関しては、農林水産省などで直接確認をして判断してください。法改正がある場合は新しい情報を仕入れましょう。

 


ネットショップの基礎無料メールマガジン7日間無料講座

kouza kouza2 スポンサーリンク

関連ページ

個人農家のお米販売の届出と表示義務について
個人農家さんはお米を直売したりインターネット販売する際の届出と表示義務について記載しています。直売したい米農家さんや代行販売したい方はご覧ください
野菜を自分で売る際に必要な資格や届出について
野菜を自分で売る際に必要な資格や届出についてについて記載しています。マルシェ・車の移動販売などで知らずに野菜や加工品を直接販売していると違反になることもありますので直売したい農家さんや代行販売したい方はご覧ください