ホームページ更新できない

農家さんがホームページを自分で更新できないと危険な理由

農家さんがホームページを自分で更新できないと危険な理由

当サイトでは私自身が初心者ながらネットショップとブログを使って11年経験したノウハウやホームページ制作代行をしたりコンサルティングをしてきた中での体験談をつづっていますが

 

相談者さんやクライアントさんには必ず、自分の失敗談や経験から、

  • 自分でホームページを更新できる
  • ブログを更新できる
  • 商品登録ができる

ようにならないと危険です。とお伝えしています。

 

その理由の例として

  • 情報が古いと信頼性を失う(開店休業)
  • 価格や表示内容の誤りをすぐに正せないので損失が発生する
  • 更新料や管理料がいつまでもかかる(完全な直売といえない)
  • 不作や自然災害があった際などの緊急連絡が遅れクレームになる
  • 自分の言葉で自分の思いをページに反映できない
  • なぜネットで野菜やお米が売れるのか・売れないのかが理解できない

という問題があるからです。

 

例えば価格が本当は5000円なのに、500円となっていたら?変えれないと大損害ですよね?外注に変更依頼をかけている間に注文があったら…その金額で販売しないとクレームになりますよね?今はネットでの拡散の時代ですからお店の間違いだとわかっていても安売りだよ!と情報が回り注文が殺到してしまうことも実際あります。

 

以前テレビの価格が0一個抜けていてツイッターで拡散されていたお店がありました…。

 

もし自然環境の影響で、例年通りに実らずに、収穫の日にちがずれて出荷予定の日にちに出荷できなかったら?そのお知らせや連絡を自分でしないといけません。

 

クリスマスキャンペーン!というバナーや文字が年が明けて1月にも掲載されていたら?お客さんはこの店、ちゃんと管理していないんだなあっと品格や信頼が下がります。

ホームページの更新を外注にお願いするとなると、お願いすればするほど費用が掛かるし、あなただけのお店を管理しているわけではないのですぐに対応してもらえないこともあります

ですから最低限更新できるスキルは絶対に持っておかないとリスクが大きいし、自分で管理ができないものは自分のホームページといえません

 

そのため私は最終的に自分でホームページやブログが更新できる方法をお教えしています。

 

独自ドメインを取得し、外注で作ったホームページのような美しい農家さんのホームページを作るなら、ワードプレスというブログを使い、テンプレートを購入しましょう。そうすることで難しいデザインや知識を勉強する手間が省けますし外注費も省けます。

 

最初はシンプルでワードプレスで更新する事に慣れたら必ずテンプレートはSEOにも強く、反応率も高い有料のものは必須です。実店舗で想像すると、テントで青空市だと安い野菜を買いに来たお客様のイメージですが、おしゃれな店内だと安売り野菜目当てというよりはきちんとしたこだわりの野菜を買いに来た、というお客様でにぎわいますよね。

 

ブログという視点だけに絞ると
私は賢威を使っています。

 

賢威とは
SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

賢威の詳細はこちら


プロ仕様のテンプレートでホームページとブログを自分で更新するには

実店舗でいう、成城石井やイカリスーパーや百貨店の地下などの高級野菜販売店のような路線で行きたい、安売りをアピールしたくない、安物買いを顧客にするのではない、といったこだわりや強みがあるのであれば店構えも良いお客様が好む店構えにしましょう。

 

残念ながらマダムは汚い見た目のお店や路上販売では購入したりしません。

 

デザインプラスのテンプレートはホームページだけでなくブログ機能があるのも利点です。ブログ集客ができればネットショップは無料でも問題ありません。BASEの場合ワードプレスなどに買い物カゴのタグを埋め込むことも簡単にできます。

 

ワードプレスのテンプレートはたくさんありますが高額払って外注に任せたような美しいデザインでかつ、回遊性や信頼性が高く見えるものでいうと下記のようなものがあります。

WordPressテーマ「SWEETY (TCD029)」 WordPressテーマ「BLOC(TCD035)」

WordPressテーマ「SWEETY (TCD029)」

↑リアル店舗併用向けです。

WordPressテーマ「BLOC(tcd035)」

↑セレクトショップのようなイメージです

WordPressテーマ「MONOLITH (TCD042)」 WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WordPressテーマ「MONOLITH  (TCD042)」

↑品質の良さが伝わりやすいです

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

↑安心感や好印象があります

 

その他のテンプレート
ブログをきれいに魅せるなら
WordPressテーマ「ORION (TCD037)」
こちらもかっこいいですね
WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

 

すべてのテンプレートには使い方の解説などが掲載されているので初心者でも自分でホームページやブログが構築できます。美しすぎて気後れするかもしれませんし自分には使えないと思うかもしれませんが、同じ記載内容を書くのであれば見やすくて信頼性が高いほうが良いです。

 

私は↓を使ったブログもあり
WordPressテーマ「FOCUS (TCD030)」
安売り路線から高級路線に変えることもできました。
ニーズに合わせてテンプレートを複数使い分けています。

 

その他写真やロゴに関しては無料で使えるサイトがあります。

 

フォトマルシェ
フォトマルシェ - PhotoMarche

 

ロゴマルシェ
ロゴマルシェ - LogoMarche

 

ボタンマルシェ
ボタンマルシェ - ButtonMarche

 

自分でホームページやブログを更新できるようになることとても大事です。

 

更新する内容などの具体的なノウハウはメールマガジン講座でもお伝えしていますのでこの機会に登録してください。(教材のプレゼントつきです。)

 

ネットショップの基礎無料メールマガジン7日間無料講座

kouza kouza2 スポンサーリンク

関連ページ

1.ホームページ制作を外注に任せて失敗した話
ホームページを外注に依頼して制作し失敗した体験談です。ネットショップを作って直売したい農家さんや家族が作った野菜の販路開拓したい方はお読みください
2.楽天市場に出店した薄利多売の失敗談
楽天市場に出店しネットショップを作成したけど薄利多売で運営が厳しかった失敗談と売れたキッカケをお話しします。ネットで直売したい農家さんや販路開拓したい八百屋さんはお読みください
3.薄利多売を辞めて利益が上がるお店に
ネットショップの薄利多売で赤字ぎりぎり運営をやめたいと思い売上も利幅も上げた方法です。適正価格で直売したい農家さんや販路開拓したい新規就農者はお読みください
4.売れるネットショップに必要なポイントとページ制作の間違い
売れるネットショップのページ制作の注意点やポイント、や大きな勘違いを直売ネットショップ販売体験談をもとにお話しします。直売したい農家さんや販路開拓したい店長さんはお読みください