個人農家 野菜販売方法

野菜の売り方を知りたい個人農家さん向けの野菜販売方法5例

野菜の売り方を知りたい個人農家さん向けの野菜販売方法5例

このページでは野菜の売り方を調べている

 

  • 農家さん
  • 身内が農家さんの方
  • 地域活性に関わる仕事をしている方
  • 新規就農を考えている方

 

に向けて野菜販売方法の例をあげます。

 

農協や市場に卸す

JAや市場などに卸すという昔ながらの販路です。この場合、卸価格に変動があり自分で決められないことがほぼなので、収入の見込みが付きにくいという点もありますし、企画もあるので全部買い取ってもらえないこともあります。

 

しかし売り先や販路を自分で営業して見つけるといった業務は代行してくれるので作ることに専念できます。(その分、直売よりは利益率が下がります)

直売所に出品する

各直売所によって規約は違いますが、会員になることで直売所に出品することができます。この場合も直売所がレジを代行してくれたり宣伝してくれるので販路を探す苦労は必要ありません。値段は自分で決め、販売手数料を支払います。直売所の場所によっては高値で出荷することもできますが、売れ残った場合は引き取りに行かないといけません。

 

近所の定年退職された方が肥料代になるのなら…引き取りに行くより全部売れる価格で安くしようという気持ちで安く出品していることもあり安値になっているところもあります。

レストランやホテルなどの契約農家になる

野菜の売り方を知りたい個人農家さん向けの野菜販売方法5例
レストランやホテル、旅館などと直接定期契約を結び、決められた野菜を決められた量、必ず決まった日時に出荷をするという契約や、季節に応じて旬のものを自由に出荷してシェフがその野菜でメニューを決めるというパターンがあります。

 

どちらも約束が守れない場合、取引先がお客様に料理を出せず、かなりの迷惑をかけることになりますので契約する場合には注意しましょう。

 

こだわりのレストランや料亭の場合、安さよりも品質重視のところもありますので有機野菜や無農薬野菜、こだわりの肥料やこだわりの農法で野菜を作っている場合には、農協や直売所に出荷するよりは野菜の価値を見出してもらえます。

マルシェやフリーマーケットに参加する

野菜の売り方を知りたい個人農家さん向けの野菜販売方法5例
マルシェやフリーマーケット、地域イベントなどで出店者募集をしている情報を収集し、そこに出店をして直売します。この場合、実際に目で見て野菜を購入してくれるので規格外品なども販売しやすいメリットがあります。

 

出店料やガソリン代などを考慮しつつ、個別宅配御販路開拓のチャンスととらえて知名度を上げる意味も込めて参加しても良いでしょう。お客様の顔を見て直接販売することは非常にやりがいがあります。

インターネットで販売する

個人農家さんがインターネットを使って自分の作った野菜を販売することができ手がけている農家さんが年々増えています。ネットショップも無料で開業することができるようになりました。


 

このサイトでは個人農家さんが野菜を自分で販売するための方法の一つ、ネットで野菜を売る方法としてネットショップとブログを使うノウハウを配信しています。

をご覧ください

 

私の発行するネットショップの基礎無料メールマガジン7日間講座ではより細かく解説していますのでぜひご登録いただき参考書としてください。

 

 


ネットショップの基礎無料メールマガジン7日間無料講座

kouza kouza2 スポンサーリンク

関連ページ

農家限定ネットショップの作り方の質問集
ネットで野菜を売る方法として初めてネットショップを作る農家さん向けに作り方について寄せられた質問の回答をしています。農家のネット販売やブログ運営方法にお悩みの方はご覧ください。質問も受付しています。
農家さんがブログ集客で販路開拓する際の質問と回答
農家さんがブログを使って集客をし販路開拓する方法についての質問と回答を記載しています。これからネットで直売したい農家さんや代行販売したい方はご覧ください