農家ネットショップ制作事例

農家さんのホームページ制作・ネットショップ販売事例

農家さんのホームページ制作・ネットショップ販売事例

私が農家さんの作った農作物を販売代行し始めたきっかけは週末援農で農作業を手伝い始めたことからです。

 

それまでは野菜を作る楽しさや大変さやプロの知識、労働力、自然災害との戦い、厳しい品質基準、低単価、安定しない価格などなど知りませんでした。

 

野菜は農家の知り合いから無料でもらったり、直売所やスーパーで購入し、安ければ喜んでいるという普通の消費者だったのです。

 

それが、有機野菜農家さんで実際に農作業に携わり、大事に育てた美味しい野菜を食べるようになり価値観がガラッと変わりました。こんなに手をかけて作った美味しい野菜が100円で売られているとはどういうこと?卸価格なんぼ?!ガソリン代にもならんやん…っと…(関西人なので関西弁ですいません。)

 

私も職人なのでモノづくりに対する労働力というのは意識します。農家さんって労働力が卸価格に反映されていないのではないか?という疑問から始まりまして…その有機農家さんはレストランや個人と直取引などをして適正価格で直売していたのですが、

 

卸しや直売所に出している他の農家さんのお話を聞くとあまりにもあまりにも安すぎる…食べ物を作るので食費に関しては大丈夫だけども収入の面で生計を成り立たせることってすごく大変なことなんだなと。だから兼業農家だったり子供には後継ぎさせなかったりするのだと思いました。

色々調べたり直接農家さんの悩みを聞いてやっぱり農家さんこそ直売しなきゃ!と思ったのです。

まずは、ネットショップが怖いと思っていたホームページを持たない市場や農協への卸しかしていない果物農家さんの作った果実をネットショップで代行販売しました。当時はまだネットの販売は少なかったので決断するまで農家さんもいろんな葛藤があったようで…そのお話から始めます。

 

私の体験談を複数ページに分けて配信していますので今農作物や野菜、果物の直売でお悩みのことと被って共感していただけたり、これからネット直売を取り組む方にも、過程に関してリアリティーを感じて頂けます。農家さんのホームページ作成や野菜販売のネットショップ、集客ブログ運営のヒントになることもあると思いますのでぜひ順序立ててお読みください。

 

パソコンから閲覧の方は左のメニューから、スマートフォンから閲覧の方はページを下にスクロールしていただくとメニューが出てきます。

 

 

 


ネットショップの基礎無料メールマガジン7日間無料講座

kouza kouza2 スポンサーリンク

農家さんのホームページ制作・ネットショップ販売事例記事一覧

私が農家さんの作った農作物をネット販売しようと思ったきっかけは、自分が農作業の経験をし、農家さんこそネットで直売したほうが利幅も取れるし、販路開拓もできると判断したからということをお話ししましたが、その時は会社員で自社のネットショップに切磋琢磨し、顧客もできた頃でしたので、まずは自分の顧客に販売してみようと思いました。農作物のネットショップとは全然関係ないジャンルだったのですが、お客さんとの関係が...

私が農作物をネットショップで代行販売する条件を信用してくださった果物農家さんも最初はネットで売るのは怖いし周りに知られたくないし…と悩みに悩んで、息子さんに相談してから決めるという返事でした。息子さんは農業を継いでいませんでした。外に働きに出ていたのです。その息子さんの答えは、ネット販売やってみたら?高く買い取ってくれてページも作らないでいいならできるよという回答でした。外で働いていることと若いか...

農作物をインターネットを使って販売することを決めたら、具体的に実践に移ります。私の場合は、先にネットショップがありましたのでその顧客に向けて販売することをしました。顧客がいる場合はページさえ作ればよいのですが後に、企業から依頼されて特産物を販売するネットショップの販売ページを制作した際に、1からネットショップを作ってお客さんも集めて食べ物だけを販売するということは初めてだったのでその時の手順をお話...

ネットショップを作ることができても、売れるようにならないと意味がありません。さらにいうと売れても利益がないと赤字運営で継続することはできません。ネットショップで売れるために簡単な方法は他店と価格比較して安い店明らかに原価割れの安売り赤字ぎりぎりの薄利多売が特効薬です。しかしこの特効薬はいつか麻痺をして効かなくなります。もっと安く…もっと安く…ちょっとでも値上げすると買わない…なんてことにもなってし...

自分で作った野菜やお米、果物などのネット販売をしている農家さんは今たくさんいます。大手の野菜販売サイトとしてオイシックスさんや大地の恵みさん、イオン、らでぃっしゅぼーや、百貨店系など全国の契約農家さんや自社農園で作った野菜やお米を宅配セットとして安く販売しているところもあり、価格や品ぞろえを見ると、大手には太刀打ちできないな…個人農家のネットショップ販売はもう飽和して無理じゃないか?とあきらめてし...

私は農家さんの作った野菜やお米や果物を販売代行しておりましたが、すべての案件が順調に行ったわけではありません。成功事例しか載せないページもありますが、私はただ自分の私利私欲でホームページ制作で儲けたいと思っているわけではありませんので交渉する際にトラブルもあり破たんしたことも記載します。ご覧いただいたうえで信用していただけましたらホームページの制作やコンサルティングに関してご相談ください。これは批...

ホームページ制作会社に依頼をせずに作った農作物を自分で販売したい自分でネットショップを作りたい自分でお客さんを集めて販売したいとお考えの農家さんは結構います。その理由はホームページ制作料が高いどこに依頼してよいかわからないネットの情報でできるのではないか?自分で作っている人がいるので自分もできるなどといったことがあげられます。私の考えでは自分でやってみることも大事で知っておいたほうが良いし、自分で...

個人農家さんがネットを使って農作物を販売する方法として、ネットショップだけではなく、集客の窓口にブログを使うことを推奨しています。ブログなんて書く時間がない、ブログで友達が買ってくれるわけがない、ブログにアクセスがない、ネットショップだけで売れるでしょ?、ブログに書くことがない、などとブログを書くことを批判的に思う人もいますが、私は個人農家の場合、ネットショップだけよりもブログのほうが販売につなげ...

農家さんが自分でインターネットを使って販路開拓をする際に、どうしても気を付けてほしいことが、取り込み詐欺です。テレビのニュースなどでもしかすると耳にしたことがあるかもしれません。身近に被害者もいないし縁遠い話だと思っても、インターネットというのは全国から集客するのでどんな人が閲覧しているかわかりません。特にオープンしたての初心者の頃のネットショップでは注意です。取り込み詐欺というのはいろんなニュア...

農家さんのホームページを作る際にすでに先駆者がいたり、大手企業が独占していて自分のページを作ってもこれから人に見てもらえるようにするにはどうすればよいかという悩みを持ちます。検索エンジンで上位に表示させる対策のことをSEO対策といいますが、このSEO対策ができないと、ホームページに自動的に継続的にお客様を呼び込むことが難しいです。ですからブログやSNSを使ってお店に読者さんを呼び込むことを推奨して...