田舎暮らし

独身だからこそ田舎移住で仕事探ししやすい理由

スポンサーリンク

子供を増やしたい田舎は家族連れ歓迎モードが有り、その中で独身の田舎移住は肩身が狭い反面、実は仕事探しには有利な面もあります。

独身だからこそ田舎で仕事がしやすい理由についてお話します。

独身が田舎移住で仕事探ししやすい理由


家族がいると養うという義務が大きくのしかかるので収入や保険が決まっていないと不安がありますし、定職についていないと体裁的にもあまり良くない。

そうなると田舎で仕事探しにも限りがあり、低賃金や土日勤務、第一次産業の不定期仕事になる場合は家族の理解を得ることも難しく現実的に不可能なこともあります。

独身の場合家族の行事や家族サービスということが少ないので

  • 土日祝日の勤務ができる
  • 低収入でも掛け持ち副業(バイト)がし易い
  • 不定期の仕事の融通がきく

というメリットがあります。

田舎だと観光事業の場合は土日祝日や大型連休は休めません。それがネックとなり家族が有る人は勤務先に選びにくいのです。しかし独身の場合は別に土日祝日が休みでなくても良い場合が多いので

仕事の選択肢も増えるし雇う側からしてもありがたがられます。

さらに体裁にこだわらない場合は兼業としてバイトを掛け持ちするというスタイルでも良いでしょう。午前中と午後で仕事を分けたり、農作業の繁忙期だけにバイトに行くことや民宿の繁忙期のみバイトに行くことも出来ます。

地方で不定期で仕事がある場合、年中通して雇おうことが難しいため、繁忙期のみ来てほしいといった期間限定のバイトもたくさんあります。そうやって仕事を持ちながら忙しい期間限定中には副業をしてお小遣いを溜めるなどもしやすいです。

こだわりがなければ仕事はたくさんありますが安定という面では家族を養う人にとっては範囲も狭まります。その点独身の場合は自分の価値観次第なので仕事自体は探しやすいでしょう。

しかし将来的なことを考えると、貯金も必要だし年金保険、税金など払えなくなることもあるかもしれないのでいつかは田舎で独立起業するといったビジョンを持ちながら人脈を築く期間としていろんなことを手伝っても良いです

スポンサーリンク

当然正社員じゃなきゃだめ!という人には見た目的にフリーターになるというのは精神的にハードルが高く、おすすめできませんが、なんとかなるさと思える人であれば田舎で独身生活も楽しいものです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ