田舎暮らし

田舎で人の役に立つには?安定したメンタルと基盤が必要

スポンサーリンク

田舎で地域おこし協力隊をして

地域活性を目指したり

足りない何かに力を注ぎ町を元気にする

などの目標を掲げる人も増えています。

それは本当に役立つことなのですが…

田舎で人の役に立つには?安定したメンタルと基盤が必要


人にパワーを与えることは勢いや想いだけで結構簡単にできます。すぐに効果が出るように思うようなこともあります。

しかし与え続けること、そして目的にたどり着くこと、継続することは

  • 自分が元気でないといけない
  • 自分が安定していないといけない

とシンプルに思います。

なぜかというと負のパワーの方が引っ張る力が強いので

一瞬、皆がやる気になっても継続することが難しく

その中で一人でもやり続けることになりある人には批評されたりすることも。

  • ジレンマでメンタルをやられたり
  • 身になるまでの収入がなかったり

とどんどん疲弊コースに落ちてしまうことも…。

もちろんこういった新参者と地域との壁は事前にわかっていることでもいざとなったら熱意だけの場合には最初に起きたこととのギャップで落ち込むことも多くなるでしょう。やりがいもあるし人の役にも立つけど、なんで?と思うこともしばしば。

形になるまでのメンタルや自分の生活が壊れないように時折息抜きをして時折人に甘えて叶えていきたいですね。ってそれが難しいんですが…。スケープゴートでメンタル壊れませんように。

甘えられないがんばりやさんが陥ってしまうことなので。最初から依存体質の人には理解できないし陥らない心情です。)

ほどほどに食っていける田舎暮らし術
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ