田舎暮らし

田舎暮らしをする理由の違いによるメリットやデメリットの判断

スポンサーリンク

田舎暮らしをしたいと思った時にインターネットで情報収集をすると思います。

何度かこのブログでも書いていますが個人の価値観や理由により、その情報が自分に合っているか、違っているかは変わります。

twitterでも投稿しているので数通転載します。

田舎暮らしをする理由の違いによるメリットやデメリットの判断

140文字以内で短文に書いていますが少し補足を。

学んだことや興味を持ったことを仕事にする為に田舎に住む(主に第一次産業など)のと、都会生活をリセットして田舎に移住するのとは行動は同じでも目的や価値観が違うから起きた出来事に対する喜怒哀楽のポイントも違いますね

  • 田舎でしたい仕事がある
  • その地でしたい仕事がある

と目的が明確にある場合には、その目的を達成することにフォーカスすることができるので迷うことや悩むことが大幅に減って実行しやすくなります。、また、目的が強い場合周りの声などはさほど気にならないこともあり

田舎が嫌だな、後悔するなっと思うことは都会生活をリセットしたいという人よりは少ないでしょうね。

twitterより
田舎は嫌だ、都会は嫌だ、人それぞれ違う価値観を否定するでもなく違いを受け止めながら優劣を持つでもなく自分が心身健康で暮らせるのがいいですね。

目的が違うのだから出来事の捉え方も考え方も受け止め方も違います。ですから自分と違うという人がいてもその人はその人、自分は自分で気にせず気楽に過ごせるといいですね。

twitterより
結婚した相手の実家などの理由で田舎移住について行くのと、個の価値観で田舎移住するのともまた違うし、移住者の悩みとか近所との関係って十人十色。ネガティブな情報に引っ張られるけど自分にとって気にならず快適なこともありますね

結婚で、、、となると単身よりも気苦労も多いと思います。逆に結婚でということで、ご近所さんには受け入れてもらいやすいこともあり、孤独を感じるということは少ないでしょうね。しかしながら人との距離の近さが都会とは違うので干渉のストレスもありますが

それもその身内や集落によってぜんぜん違うので実際に暮らさないと見えないこともあり、これは本当に判断が難しい問題です。結婚をするということなので簡単に戻ることはできないので長い目で見て郷を知っていく気持ちが必要ですね(私には難しいですが 笑)

また、人脈なしの単身田舎暮らしの場合は、どんな人かわからないから怖いという先入観で、いろんな噂を立てられたり疎外感を感じることもあるし身近な場所での仕事を探すことに苦労することもあります。

スポンサーリンク

それも月日を重ねると馴染んでくると思います。(我慢できずに精神が悪くなり帰る判断をする人もいますが。)

twitterより
他人が良いということが、自分にとって良いこととは限らない。色々な情報から自分で考えて判断できると、人のせいにして恨んだり嘆いたり、他人を巻き込むネガティブな発想や行動をしなくて済みますし自分で選んだという自覚があると素直に失敗から学びまた前に進めますね。

情報はたくさん溢れていますがその中でも自分にとって何を優先するべきか、何が大事か、逆にどうしてもこれだけは嫌だ、ゆずれない、ということを整理して、この人はこうだけどわたしだったらこうかも、という自分の意志で決定するほうが自分らしく田舎暮らしを築くことができます。

とにかく田舎暮らしをした人の正解は一つではなく…性格や環境や、家族構成や目的により、同じ出来事に対する受け止め方が違うということなので、情報収集はそこそこにして自分で体感するのが一番ですね。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

このページの先頭へ