田舎暮らし

ミヤネ屋で益城町の大雨土砂災害・田んぼの映像を見ると辛い

スポンサーリンク

ミヤネ屋を観ていると、昨日も今日も熊本県益城町を中心に大雨による災害の様子が映し出され伝えられ、とても怖い豪雨の様子、そして、土砂が流れ込んだ田んぼなど…

都会では想像ができないけど、自然が近い田舎ならではの自然災害…

水不足解消に雨が降ってほしいといっても極端に降り過ぎだよ…。

九州地方の土砂災害での田んぼの映像を見ると辛い


熊本県益城町の田植えを終えた田んぼに土砂、木くずなどが流れ込んでいてリポーターの人がこのお米の特徴や魅力を開設しながら災害の様子をお話していました。

今年の収穫は大丈夫なんだろうか?お米だけでなく、農作物も大丈夫なんだろうか?山に実る果実は山の土砂災害により日当たりや栄養分が変わったりして収穫に影響はないのか?

農業をしていると自然災害は経済的の打撃を受けるし、精神的にも打撃を受ける。家屋被害もそうだけど農作物の被害は年間通じた収入源にもなるので本業で農業をしている人にとってはとてもつらい。

命が一番大事だけど農作物も生きていくのに大事…。

もちろん今回だけでなくずっと乗り越えてきたことだとは思いますが、なれるものではないですよね…作ったものが収穫できないというのは心的なショックも大きいですよね。特に後片付けがなんとも言えない疲労を。

これからもまた大雨が続くようですがこれ以上の人的、物的災害が起きないよう祈るしかありません。自然は心を癒やしてくれる反面、抵抗することが出来ない怖い存在でもありますね。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ

スポンサーリンク

このページの先頭へ