上場企業を辞めた会社員の告白

下町ロケット殿村さんの実家の危機で農業という仕事も見える?!

目安時間:約 2分

TBSの日曜日21時のドラマ、下町ロケットが10月から放送。

 

ロケット開発を通じながらも前回は人工弁で子どもたちを救ったけど、今回は農業が舞台で農業の現実もちょこちょこ垣間見えます。

スポンサーリンク

下町ロケット殿村さんの実家の危機で農業という仕事も見える?!

第一話で経理の外村さんのお父さんが倒れ、実家に出向く佃社長。

 

そこには米農家として続く殿村さんの家業の後継ぎ問題や農機具の使い勝手の問題がありました。

 

お父さんは農家を継がないように息子である殿村直弘さんに銀行員になる道を勧めた、現実的にもこのように農業だけでは成形が難しいという面で農家を継がせない親はいます。

 

さらに農作業の肉体の負担なども盛り込んであり、時折農業の現実が見えるので、今後のストーリーで農業機械を開発していくにあたり、実際の農家さんも、これから農業に参入しようと思う人も感じることがあるのではないかと思います。

 

もちろんメインテーマである、ロケットに対する夢や、下町のモノづくり魂や人間ドラマが見どころで今週末も楽しみ!

下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ]



農家さんになって自分で販路開拓をしたい、ネット販売をしたいとお考えの方は、ブログ記事下のネットショップ比較などを参考にしてください。

kouza
kouza2
noukashop2

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿

ページの先頭へ